安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

断熱だけでは家は暖かくならない

2022-01-24

カテゴリー「性能向上リノベーション

投稿者 安本峰樹

私は、家づくりでは居心地の良さと生活上の間取りの充実と合わせて

地震に安心なつくりと、健康的な温熱環境を重視しています。

リフォームでも耐震補強と断熱工事はお勧めすることが多いのですが、

一つ改めて題名に挙げた一文

断熱だけでは家は暖かくならない

というのは、当たり前のようで重要な言葉です。

 

家を暖かくするのはあくまで室内に発生する「熱」です。

この熱を発生させるのは、太陽の日射であり、薪ストーブであり、エアコンであり、電気ストーブでもあります。

こうした熱を発生するものがあって初めて家は暖かくなります。

そして、断熱はその熱を逃げなくする仕組みです。

 

そのため、陽当たりがよいと断熱性能を上げると他の暖房が無くても暖かく感じます。

ですが日当たりが悪い立地だと、断熱性能を上げても無暖房というわけにはいきません。

ただ、リフォームのように以前の寒い家と比較すると、

断熱改修後の家は入っただけでも暖かく感じることがあります。

これは、壁や天井の表面の温度が無断熱に比べると幾分高いので

比べると暖かく感じるのです。

 

ですが、新築など比較する物がなければ無暖房で日の入らない雨や曇りの日に

家に入ると高断熱の家でも冷えています。

冷えは体はもちろん精神的にも憂鬱な気分にさせます。

ところが一旦、エアコンや薪ストーブに火を入れる、日差しが入ると

打って変わって暖かくなり、しかもその熱が逃げないんですね。

これが高断熱住宅の力です。

よく魔法瓶に例えられますが、暖まった高断熱の家は本当に暖かく気持ちが楽になります。

これは、熱の元がエアコンでも壁や床、天井がぬくもると

エアコンを消してもしばらく温度を保っているので、低温の放射熱が出ています。

これがいいんですね。

無断熱の家の底冷えとは真逆の効果です。

 

断熱改修では、以前の家が寒ければ寒いほどリフォーム後の暖かさに皆さん驚かれます。

ぜひ、寒さに困っている、気分が滅入るという方は

断熱リフォームを検討ください。

 

全体改修が一番ですが、予算の問題があるので、

1階だけ、LDKだけ、1部屋だけ、お風呂だけでも効果が実感できますよ!

 

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie