安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

キッチンのカップボードは製作がしっくりきます

2022-02-18

カテゴリー「家づくりのヒント

投稿者 安本峰樹

最近は定番の対面キッチンですが、キッチン周りの物は大きいため存在感があります。

そのため、見える部分の設えには気を使いたいと思っています。

 

キッチンは製作にすると一番しっくりくるのですが、

中々すべて制作キッチンというわけにはいかないので、

その場合、背面収納(カップボード)は製作をお勧めしています。

 

ケイジェイワークスの家づくりでは、無垢のフローリングや枠を使っているので、

ラミネートされた木調だと、結構合わないんですね。

既製品にするなら割り切った素材選びの方が良いと思います。

逆に木を使うなら、制作の背面収納をお勧めいたします。

寸法が思い通りになりますし、隙間もないです。

なにより、他の室内の空間と違和感なくフィットするのでリビング全体にまとまり感が出ます。

 

制作家具を部屋になじませるコツは、部屋の建具と同じ素材を使う事です。

そうすることで、背面収納の存在感が浮き出ず、しっくりきます。

しかも同じ時期に同じ素材を使うことで、経年による色の変化もおなじになります。

 

既製品だとなかなかやっぱり、年数が経つと周囲の変化との差が出てくるので、

しっくり感が異なってきます。

 

木の家は、住み始めよりも、住めば済むほど味わいが出てくるので、

その先を見越して、部屋の設えを統一したいですね。

シナ、家具、建具、制作、事例、経年、変化、の例、木の家、工務店、大阪

シナの制作家具の事例。写真は5年ほど経過したモデルハウスの写真です。シナは最初白っぽいのですが日焼けてくるとクリのキッチンや杉のフローリングにも負けない色合いになっていきます。

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie