安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

無垢の床と既製品フローリングをわざと結露させてみると、、、

2022-03-30

カテゴリー「こんな事がありました

投稿者 安本峰樹

ケイジェイワークスの家づくりでは、基本的に床は無垢材を使用しています。

でも、無垢材になじみのない方は、その違いがなかなか分かりにくく質問も良く出ますが

一番の違いは、質感が違います。

実際に、無垢の床を体感いただくと、元の既製品フローリングには戻れない魅力があります。

それは、見た目だけでなく、さわった触感、つまり裸足の感触です。

特に、杉のフローリングは柔らかいので裸足の触感が最高に気持ちいいんです。

よくあるマンションのフローリングとは、全く感じが違うんですね。

モデルハウスにお越しの際は、ぜひ靴下を脱いでみてください。

 

そして、これから春が過ぎると梅雨時期になりますが、

梅雨のジメジメした時も、さらっとした触感があります。

写真は、無垢の小国杉と既製品のマンションフローリングを冷凍庫にいれて

外に1分ほど出した状態です。

どちらも結露が始まってきていますが、表面に出る水分の量が全く違います。

既製品フローリングは、水滴が出るくらいべっとりになっていますが、

無垢の方は少し湿っている感じはしますが、さらっとしています。

この実験は温度差がかなりあるので極端なのですが、

実際の梅雨時期のべとべと感が既製品と無垢のフローリングでは違ってきています。

 

こうした実験もモデルハウスでは随時できるように、両方のサンプルを冷凍庫に入れていますので、

御興味ある方はお声かけ下さい。

両方さわって頂くと、この結露の感じ以外にも驚きの体験をすることができますよ~

 

無垢、フローリング、既製品、結露、べたべた、さらっと、乾燥、感触、質感、良さ、デメリット、メリット、木の家、大阪、工務店

無垢のフローリングと既製品フローリングの結露の実験を向きの木の家のモデルハウスでできます。

 

無垢、フローリング、既製品、結露、べたべた、さらっと、乾燥、感触、質感、良さ、デメリット、メリット、木の家、大阪、工務店

無垢の小国杉の様子、少し湿っていますが、かなりさらっとした感触です

 

無垢、フローリング、既製品、結露、べたべた、さらっと、乾燥、感触、質感、良さ、デメリット、メリット、木の家、大阪、工務店

既製品フローリングの結露の様子。照明が反射するほど小さな水滴が出てきています。無垢のフロアと同時に冷凍庫から出したのですが、この違いです!

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie