安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

6年経過した杉フローリングの日焼け具合

2022-07-26

カテゴリー「現場のお話

投稿者 安本峰樹

無垢のフローリングは、新築の時よりも年数が経ってきた方が味わい深い色合いに日焼けしてきます。

私は新築時よりも年数が経過した木の家の色合いの方が好きです。

でも住まい手の方は毎日見ているので、日焼け具合が分からないんですね。

でも、マットを引いていたり家具を動かすと、こんなに色が違うのか?と思われることもあります。

今回、6年前に建築した彩都E-BOXモデルハウスの移築に伴う解体工事を行っているのですが、キッチンを撤去した後のフローリングを見るとその焼け具合の変化が良くわかります。

フローリング、経年変化、色合い、日焼け、無垢 木の家、変化、どうなる、大阪、工務店、移築、モデルハウス

真ん中がキッチンを外した後。フローリングの日焼け具合で色合いが大きく違っているのが分かります。無垢のフローリングの場合は経年変化が美しいので、新品よりも日焼けした方が私は好きです。

 

 

フローリング、経年変化、色合い、日焼け、無垢 木の家、変化、どうなる、大阪、工務店、移築、モデルハウス

移築に伴いフローリングを外している様子。床を貼るより剥がす方が難しいようです。

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie