代表・福井の想い

KJWORKS誕生のキッカケ

KJWORKS代表・福井綱吉
今でこそ木の家づくりに邁進していますが、私が最初に就職したのは、鉄鋼関係がメインの商社でした。

その後、輸入キッチンやインテリアを扱う会社を転々としました。
当時はバブルに向けて経済もぐんぐん成長している時代。
元気な会社でビジネスを学びたい、という目論見がありました。

というのも、学校を卒業したとき、兄弟2人と会社をやる約束をしていたためです。
しかし、岐阜に帰省した折、「岐阜や名古屋の風土にはお前は向いてないから帰ってほしくない!」とまさかの決別宣言。
「二度と岐阜なんかに帰るものか!」そんな口惜しさも手伝って、思い切って家具製作や内装業として独立することにしたのでした。

独立当初こそ、景気の良さもあり経営的には順風満帆でしたが、下請け仕事ゆえ、得意先の都合や依頼内容に振り回され、本来の「良い家具をつくりたい」という想いとは裏腹に、お金儲けのための仕事で忙殺される日々が続いてしまっていました。

もやもやとした気持ちで働くなか、自分がやるべき仕事は、「事に仕えて」お金を稼ぐことでなく、「志をもって事にあたる」ことではないのかと、自分の想いを素直にカタチにできる元請けとしての設計施工工務店を立ち上げることを決意。
家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり、を志事(WORKS)とする、木の家づくり工務店「KJWORKS」を立ち上げたのでした。

木の家づくり、そして木のある社会づくりへ

大阪で建てる木の家づくり
薪ストーブと暮らす
KJ-Works_07-1-e1506069042720-1
設立当初は、自然エネルギーを活かした「パッシブソーラー」に取り組んでおり、国産材を使った木の家づくりの運動に参加するなかで熊本阿蘇の「小国杉」に出会いました。
熊本阿蘇の「小国杉」の素晴らしさに心を打たれ、家づくりの核を小国杉にシフト。
産地との絆をより深めながら、家づくりだけでなく、環境負荷の少ない薪ストーブやペレットストーブも取り扱うようにもなりました。

創業以来、猪突猛進な性格が災いして、思いつき的行動の連続。
結果、大危機の連続という、とても経営者としては褒められる状況ではありませんでしたが、その都度、怖い人(?)や仙人のような方、そして素敵な仲間に助けられ、なんとか現在に至っているというのが偽らざるところです。

こんなにも人から助けられながら仕事をするなか、「暮らしを愉しく、笑顔で家族が過ごせる家づくりをする私や会社が、世に、社会に、人に、環境に役立ち、喜ばれることをせんかったら、私は人ではない!」そんな思いに駆り立てられ、2005年に、地域の人々が集う場「彩都 くらしの杜」を立ち上げました。

くらしの杜をはじめたことで、様々な注文住宅の新築だけでなく、保育園、グループホーム等の木の家づくりにも関わることができました。
そして同時に、自分のミッションは、日本人のDNAとしての社会性、人間教育、環境資産形成であると考えるに至っています。

家づくり工務店を志して約30年。
お家を引き渡すたびに笑顔と嬉しい言葉を頂き、ようやく会社として公のビジョンやミッションを持てる会社となりました。
まだまだ先は長いのですが、更なる、世のため、人のためとなる工務店を目指していきます。

https://kjworks.co.jp/mokusoya