まるごと木の家!

2011.4.4|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

KJワークスでつくる木の家を『木想家』といいます。

『木想家』をコンパクトにして、リーズナブルな価格で、太陽で床暖房の「そよ風」や太陽光発電、薪ストーブなどを自然と共に楽しむ『E-BOX』が誕生して2年。

そして、今回の東日本の大震災による合板不足を機に・・・木の家づくりを始めた頃の初心に帰り・・・屋根下地から床下地、壁下地にまで合板を一切使わない、しかも、リーズナブルに・・・無垢の木と外壁下地をMoissだけでつくる『まるごと木の家』が『E-BOX』から2年を経て、新たなKJ ワークスの木の家の誕生です。

先月から、契約開始し始めた建物からまず、床から・・・厚み40mmで働き巾160mm、長さ4000mmの小国杉の使用から開始しています・・・お陰さまで大好評です。

他の地域の杉では、粘りや硬さが担保されず・・・小国杉の床だから自信を込めて薦められる!

基本的にはまるごと小国杉・・・ここからスタートです。