女学生専用マンションにカフェと憩いの場は喜ばれるのでは・・・

2012.2.5|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

今日も楽しい一日に感謝します。

以前から相談を受けている、ある大学傍にある女学生専用ワンルームマンションのご相談の話です。

建物は6階建てで築22年経っています。

その界隈には次から次へと安っぽいのですが、真新しい学生用賃貸ワンルームの建物が乱立しています。

相談を受けた女学生専用のマンションは、新しさに引かれて徐々に空き室が増えていて・・・・・

特に北側の斜面地を挟んだ道路に面した部屋の人気がいまひとつとか・・・・・

そこで、去年からその部屋の2室をひとつにして「カフェと憩いの場」にし、屋外にも傾斜地をデッキに仕立てて、憩いの場にしては・・・

去年の秋ごろ、そんな話をプランにして提案してみました・・・

今年の新入生の入室希望もそんなに活発でもなく・・・・・3月始めの国公立の発表後が勝負とか・・・

そこで、予算は厳しいものの、店の仕事は主の奥さんがして、朝はトーストにコーヒーとか・・・おにぎりとか?

ちょっとしたサンドウィッチもつくって・・・

部屋でひとり勉強するのであれば、お店のカウンターやソファーでゆったりとくつろぎ、勉強もできる場所・・・

朝はこのお店から朝食して、お母さんに挨拶して学校へ・・・

そして、「ただいま〜〜!お腹減った〜〜〜!」

予算がかなり厳しいのですが、なんとかできる限りの応援で・・・絆が息づく・・・そんな下宿屋的レディースマンション・・・けっこういける気がします!

結果は少し先ですが・・・またお知らせします。

彩都「くらしの杜」をつくり始めて、色々な仕掛けを進めながら・・・

色んな相談事も増え始め。

・・・暮らしを提案、暮らしに必要な衣食住を提供し続け・・・なんだかどこにも無い・・・そんなKJ WORKSが生まれでてくるような気がどんどん致します!