第1号のMaHAt システムの家完成!

2013.2.24|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

昨年の秋から着工していました枚方のMaHAtシステム(エアコン1台で全館冷暖房)のお家を、今日、無事にお引渡しさせていただけました。

建物の外は雪が舞い降りる寒さなのに、部屋に入ると、玄関から廊下、リビング、ダイニング、トイレ、お風呂、洗面、階段、2階の部屋や押入れ、納戸、そして、小屋裏までも・・・

同じ温もりです!

友人の会社が開発したシステムで、その会社の展示場や実際のお家を訪問して、その効果は十分理解していて当然のことなのですが・・・

いざ、自社で完成したお家の効果を体験すると凄い感激です!

もちろん、建物自身はまだ完成したばかりですから、一旦、建物全体を温めきらないと本当の効果はまだまだです・・・

けど、MaHAtシステムの運転を開始して今日が2日目。

今日の引渡しでは、エアコンがフル稼働していましたが、後5日もすれば、ほとんど運転もしない時間のほうがはるかに多いことになります!

要するに設定した適温が、保温状態になるわけです。

やっとこれで、関西にお住いのお客様に、今回の自社設計事例をご紹介しながら、MaHAtシステム(エアコン1台で全館冷暖房)の普及に邁進できることになりました!

枚方のOnさん、ほんとうにありがとうございました。。。そして、これからも宜しくお願いします。


屋根裏の機械室の表情です。見える数多くのフィルターは、ここから各部屋や廊下、納戸などへ暖気を送り込む送風機です。手前の配管がエアコンンの冷媒管とドレーンです。二本見えているのは、エアコンは予備を含めて2台設置しています。万が一、一台が故障しても切り替えられる仕組みにしているのです。


ところで、このキッチン、お客様が以前住んでおられた時のキッチン(8年間使っておられたもの)の扉と食器洗い機を取り換えただけですが、まるで新品です!


こちらも同様に、扉を交換しただけです!店舗、インテリア、そして、家具屋出身のKJ WORKSだからこそできる芸当なんです!

太陽で床暖房の「そよ風」、床下ファンコン空気式暖房システム、そして、MaHAtシステム(エアコン1台で全館冷暖房)・・・考え方は全く違うように思われますが、基本は、床下が外気とつながっていない、床下の空気は室内とつながっている・・・基礎断熱の建物です。

どの方式のお家にも、太陽光発電や薪ストーブが似合います。

ただ、太陽で床暖房の「そよ風」の場合は、少し、発電量が少量となってしまいますが、暖気をどのような考え方で考えるかで選択肢も広がります!

お客様の冷暖房に対する考え方に応じたKJ WORKSの木の家づくりは、この10年で、大きく変わっています。

それはお客様の時代のニーズに対応した木の家づくりの流れでもあります。

これからもKJ WORKSは時代に順応・適合した住宅会社でありたいと考えています!

追伸!

笑顔が絶えない・・・楽しさわんさか。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブ専門店のある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦道場、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・

『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中のKJ WORKSをホームページからぜひ、ご覧ください!
http://www.kjworks.co.jp

それから・・・
『木の家づくり図書館』に今年から開設しました「福井文庫」と薪ストーブ専門店としての豊富な本も取り揃えますので、私のブログ同様に宜しくお願いします。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
ttp://www.kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/