リフォーム志事は財産だけど、住まい手がプロだから難しい!

2010.6.2|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

私が創業した建築屋、KJ ワークスは、その昔は、家具&キッチン、そして、床暖房、店舗、リフォームが主体の会社でした。

ですから、ある意味、気楽な家業?一気にこなせば、後は建築屋さんの責任・・・・・

そんな時代を経験していましたから、その生ぬるさや無責任さを払拭する意味で、ある時期を機会に、ばっさりと、リフォームや店舗を止めてしまいました。

それからの10年間は、新築一筋で徹底的に設計力と施工力を磨き続けた時代があります。もちろん、その間でも家具やキッチンは、建築屋としての志事に家具キッチン屋も含めた珍しい業態となっていきました。

そして、10年が経って、建築屋としての知識をしっかり蓄えた上でのリフォームを引き受ける体質に切り替わりました。

わかった事として・・・

新築や建て替えは、私たちKJ ワークスがプロ。。。更地に新たな家を造るのですから、それ自体が私たちの土俵・・・私たちが考えプランし、実施設計・・・そして、その図面に従って木の家づくりをする。

ところが、リフォームのプロは住まい手の方々なんです。私たちは、家づくりやその作業についてはプロですが、その建物での暮らし方や生き方、習性は住まい手の方々には勝てませんし、全てを知りえません。

ですから、例えば、引戸が使いやすいし、何かと便利だとわかっていても、住まい手の方が、ドアに慣れ親しんでいて、どうしても引戸は嫌だといわれれば、ごり押しは出来ません。家づくりの提案としては、徹底的に第3者として正しいと思ったことはしっかりと、説明するのですが、最終的には、住まい手の最終判断なんです。

ある程度の強引さも必要なんですが、リフォームや店舗、家具などから住まいを学び、新築にその後特化して、そして、またリフォームに戻った今、お客様へ無理にごり押しして、その後の暮らしが喜んでいただけるとは限りません。

この辺が難しいところなんです。

こうしたことも、私たちKJ ワークスの絶対的なノウハウの財産だと思っています。色々、教えていただけるお客様に感謝!


大阪京都滋賀奈良兵庫エリアでの木の家づくりは、

薪ストーブOMソーラー精神のそよ風瓦屋根太陽光発電

リフォームなどの提案力に長けたKJ WORKSにご相談ください!