冬から春先の長雨で屋根が中々出来上がらない・・・・・

2010.3.28|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

根気の要る志事です!
真新しい桧の垂木(屋根下地の木)が瓦の下に見えますね!

 入母屋部の本瓦桟葺きの真っ最中です!

屋根の端っこから瓦は葺いてゆくんです!

2月22日にはじまったKhさんの家のリフォーム現場の事です。

入母屋の大屋根から小屋裏のロフト化、それぞれの部屋、漆喰の外部、増築と仕事は続いているのですが、3月27日現在、ご覧のように・・・ようやく大屋根の本瓦葺きの目処が立ちだした程度の進行。。。。。。

入母屋で本瓦桟葺きで・・・垂木ごとやりかえで、屋根にムクリガあって・・・

中々大変な仕事には違いありませんが、いくらなんでも1ヶ月以上かかって・・・・・流石に、この長雨には、大工をはじめ、瓦屋さんも『うんざり!』の迷惑な雨です。

仕事に全くならず、進まず・・・まあ、いずれにしても一番迷惑なのは住まい手のKhさんご家族なんです。

愚痴らず、頑張ります。反省!

けど、淡路産の超一流瓦の『いぶし』・・・ほんとうに見事な光沢と、見事な瓦職人さんたちに「うっとり!」です!


大阪京都滋賀奈良兵庫エリアでの木の家づくりは、

薪ストーブOMソーラー精神のそよ風瓦屋根太陽光発電

リフォームなどの提案力に長けたKJ WORKSにご相談ください!