木材端材を使った 「M Y 箸」づくりに挑戦!

2010.5.24|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

「くらしの杜」共同イベントとしては、以前から、お隣の中島工務店と一緒に開催していたMY箸づくりでしたが、私自身は、生まれてこの方・・・MY箸を自身で作ったことは一度もありませんでした。

下はプロの箸で、上が私の初めて本日完成したMY箸です!

KJ ワークスには、杉や桧のほかに、造作家具やカウンター等に使う広葉樹の木材端材が随分多くあったのですが、何の興味も示さず?自宅の薪ストーブの燃料として燃やしていました。

それ以前はといえば、木工所で、ゴミとしてお金を払って廃棄処分にしていたのですから、薪燃料としての方が、今にして思えばとんでもない事なのですが、薪燃料にしたほうが環境的貢献だったのです。

それが、その木材端材を薪燃料ではどうみてももったいない・・・ですから、プレーナーで綺麗に仕上げて板材として「かぐら」で販売開始・・・その後は、「くらしの杜」の共同イベントに材料として提供。。。

そして、今は、細い角材としても販売をはじめています。

そして、「MY箸づくり教室」をKJ ワークス単独で開催する事を決定。6月6日(日)からは毎月1回を開催予定といたしました。

・・・という事で、昼休みに初めてのMY箸づくりに挑戦・・・けど、中々上手く出来ません。カッターナイフで根気強く削り続け、最終磨き仕上げはサンドペーパーでゴシゴシ!仕上げに未晒し蜜ロウワックスを塗り付け完成!所要時間約1時間。

ちょっと先が不細工・・・?カッターでスイッ!っと削ったら先っちょがポロッ!
「あっ、折れてしまった!」「ぐやじい〜〜!」

ということで、晩、帰る前に再挑戦。。。約50分で完成!それが、写真のウォールナットの品物です。

楢の拭き漆の品物は、以前から私の持つお店で購入したMY箸です。

一見、上手に見えるでしょ!?

けど、よ〜く見ると、購入したプロの箸は、先に向かって真っ直ぐに伸びて、箸の先がしっかりと重なります・・・けど、我流で参考の箸も見ずしてつくった端の先はちょっと離れています。

お陰さまで、KJ ワークスの工事現場の木材端材は、「くらしの杜」のベンチや階段材に使用、そして、残りの無垢材はMY箸の原料や薪ストーブの燃料にカット。

工場の広葉樹材は、「かぐら」の販売用板材や角材、積木にも採用し、実に無駄なく有効利用しています。

何でも全て言葉や文字のように、最初から上手く活用は出来ませんが、少しずつ色々な使い道が沸いてくるものです!感謝!

追伸!次は、抜群なMY箸、作りますよ!


大阪京都滋賀奈良兵庫エリアでの木の家づくりは、

薪ストーブOMソーラー精神のそよ風瓦屋根太陽光発電

リフォームなどの提案力に長けたKJ WORKSにご相談ください!