漆喰、自力作業!

2010.2.20|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

先週の土曜日に、お引渡しさせていただいた「近江八幡の家」は、下地塗りのみを左官職人さんにお願いし、仕上げの漆喰はコテ押さえで自力作業されたご家族でした。

ロッククライミングがお好きで、更に、カヌーもお好きで・・・・・ご覧のようなカヌーが玄関脇に吊って有ります。

門扉を開けるとカヌーが・・・!

そして、今日、夕方、訪れたAさん(奈良県広陵町)ご家族は・・・というか、ご主人はカヤックがお好きな方で、これまた、漆喰塗り(ローラー漆喰)を、約40坪の建物の内部、1階から2階まで全面的に天井、壁とも自力作業されておられます。

  
今2階の漆喰塗りの最中です。2階の漆喰塗料は、この場所で調合します。漆喰塗りの本番より大変なのは、その周りの養生作業なんです!

近江八幡のKさんと同様にカヤックを建物に吊っておられます!
実はKさんとAさんご家族、すっかりメル友で、趣味も共通で、今後も家族交流が盛んになりそうです!

・・・まあ、何ですけど・・・?職人の仕事が奪われております!?

1月下旬の土日から開始され、ようやく来週の土曜日で漆喰塗りはほぼ完了。その次の週に照明器具や設備機器の設置を終えて、美装を行い・・・その週の土日からは、床や階段、内部の建具や家具の未晒し蜜ロウワックス塗りもされます。

それが終わると・・・予備日を残して・・・2月27日(土)と28日(日)の2日間が、予約制の見学会です。

ただ、Aさんご家族のお引越しは、お嬢さんたちの学校の事もあって、夏休み。

・・・で、4月から6月末までは、予約制の展示場に使わせていただける事になりました。

まあ、手づくり感覚たっぷりの漆喰の家の見学にぜひ、皆さん!お越しください。

予約制・・・って、敷居が高い?って感じられる方もおられるようですけど、決してそうではなくって、お住まいになられるお客様が不特定多数の方に興味本位で見られることよりも、本当に家づくりを勉強されている方々のみに見てもらいたい!自分たちも予約して多くの建物を見学させていただいたから・・・・・そんなご好意での見学会ですから、そりゃあ、やっぱり、予約制だと思います!


大阪京都滋賀奈良兵庫エリアでの木の家づくりは、

薪ストーブOMソーラー精神のそよ風瓦屋根太陽光発電

リフォームなどの提案力に長けたKJ WORKSにご相談ください!