ドイツ人ご夫妻の家・・・ほぼ完成!

2012.5.23|カテゴリー「木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

今日も、丈夫な体に感謝します!

去年の12月中旬から始まった、ドイツ人ご夫妻の家は、建物内部が今月で完成し、外構工事が6月いっぱいかかる感じです。

きちっと決め事が決まらないと、その次のステップには進めない!徹底したドイツ人らしいご主人でしたが、信頼されて、決められたとおりの工事が始まると、一切口出しはありません!

『外構工事が6月いっぱいかかる感じです。』・・・庭は引っ越してから考える!

ですから、まだ庭は決まっていないわけで、いつ着工できるかはわからない・・・

  
住まわれてからの写真を6月にはまたご覧いただけるようにします!

日本人とは全く違うその感覚に、かなり大変ではありましたが、慣れれば・・・そういうものか?

設計担当者の松尾君に一切任せた私はというと、実に楽でした!?

平屋造りで、天井高のかなり高い、全面窓のヨーロッパによくある感じの8角形の建物形状・・・

気密と断熱はドイツ並みに・・・?かなりの無茶でしたが、数値を提示しながら・・・納得されて。。。

ようやくの完成です。

今月末にはカーテンやブラインドも、KJ WORKSがいつもお願いしている「シーフォレスト」に依頼され、もちろん、輸入生地で・・・着けられますので、再度、その表情を見に行こうと思っています。

本当は、この家が、
市販の壁掛けルームエアコン1台で冷暖房ができ、同時に換気、空気浄化、加湿、除湿を行うことができる省エネで快適な室内環境を可能にした次世代全館空調が「MaHAtシステム」第1号になる予定でしたが・・・

広い庭で、山の中ですから、大自然の感覚で過ごせる建物ということで中止に・・・

KJ WORKSで最初のMaHAtシステムは9月着工です・・・(おまけのお知らせ!)

先ずは、いつもの木想家とは違う表情をお知らせしてみました!