アメリカンチェリーに亜麻仁油を塗ってみました!

2020.7.3|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア ,リフォーム」|投稿者 福井綱吉
IMG_8993-1
亜麻仁油で表面を創ると、なんとも豊かな表情になります!

 

 

 

 

先日、加工場から届いたアメリカンチェリーのテーブルとカウンター。。。

 

1枚は、既存テーブルの脚を再利用して、ご覧の天板(ア30mm x W1600mm x D850mm)を固定します。

 

そして、もう1枚はテレビボードのカウンターに使います!

 

 

 

 

 

午前中時間が空いたので、小口の面取りをしたのち。。。

 

亜麻仁油をスポンジでアメリカンチェリーカウンター表面に万面に塗り込み・・・

 

もちろん、裏表共徹底的に塗り込みます!

 

そして、今度は、ウェスでしっかり拭き取ります!

 

 

 

 

 

暫く乾かした後に、再度、スポンジで両面と小口に亜麻仁油を塗り込み。。。

 

そして、徹底的にウェスで拭き取ります!

 

これで完成!

 

 

 

 

 

チェリーの原板に限らず、白太も出てきますので、原盤のアクというかシミのようなものが塗り込むと表面に出てきます。

 

赤身の部位は、若干のシミやアクがあっても、それなりに絵になるのですが、白太部分は、経年変化の焼けが生じるまでは、暫くそのシミに目が行きます!

 

これを汚れとみるか、これもアジ、っと見ていただけるか?

 

そのあたり、無垢板はしっかりと説明し、理解いただけないと、使う価値はありません!

 

基本的にはアジとみて欲しいのですけど。。。

 

納品して、説明に納得していただけるまでが、若干の不安ではあります!

 

 

 

 

まあ、無垢板に理解あるお客様ですから、気分は安心なんですが。。。

 

やっぱり、納品するまでは、若干の不安も付きまといますね!