スケルトンリフォーム進んでます!

2019.10.4|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア ,リフォーム」|投稿者 福井綱吉
001-4
玄関ドアを開けると、ベランダまで見通せます!
002-7
ベランダからは玄関ドアまで丸見え!
防音マットを全面的に・・・

 

 

 

完全なスケルトンにして。。。

 

先ずは、全面的に防音マットを敷き詰めます!

 

とはいうものの、資材置き場やお風呂やトイレ、洗面、キッチンなど設備配管や配線が錯綜するところは後回しです。

 

 

 

 

それ以外の大空間となる設備関係の絡まない空間から防音マットの敷き詰め!

 

明日からは、この防音マットの上に無垢板のカバ材を敷き詰めます!

 

 

 

 

本日は、お風呂とトイレ、洗面脱衣室、台所といった電気、給排水、消防がらみの設備関係の収まり打合せとその工事の立ち合いでした!

 

マンションの場合、こうした水回りの配置が変わると、特に排水経路や収まり具合が大変です!

 

戸建て住宅と違って集合住宅ですから、床を斫るわけにもいかず。。。

 

大騒音を出せば、マンション全体がパニックになって、管理事務所にクレームが殺到します!

 

 

 

 

そんなわけで、本日、極力常識の範囲で音を立てず、配管配線スペースを確保して収まりをクリア!

 

天井の電気配管、消防用露出配管などの障害物も、天井下地空間の確保でクリア!

 

そんなわけで、私には完成後の喜ばれる空間がこの時点ではっきり見えてきます!

 

あとは、粛々と工事工程を進めるだけ!

 

 

 

 

新築住宅と違って、リフォームはその場のアドリブ対応が全てです。

 

お客様からの信頼構築がなければ「アドリブ」なんてあり得ません!

 

 

 

 

 

新築には真っ新の状態を創り込む図面があります。

 

予め、綿密な打ち合わせとそれを図示した詳細図がありますから、たいていは図面に沿って創れます。

 

ところが、リフォームには解体してやっとわかることや図面では表せないところを、小洒落た形に、然も、迅速に。。。

 

現場の職人さんたちにもリズム良く指示して進めていく!

 

当然、お客様の好みややりたいことを私の頭に刻んで想定する。。。

 

 

 

 

このリズム良く、迅速な対応は、お客様はもちろんのコト、現場で働く大工さんはじめ職人さんたちが、気持ちよく、ストレスをためずにシゴトを愉しめる環境にも導きます。

 

関わるみんなの「良いシゴト」に繋がるのです!

 

そういう意味では、私がアドリブを許していただけるお客様に大感謝です!