関わり続けたい家づくり工務店目指して!

2014.6.22|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア ,ストーブ ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

気になる、また来たくなるお店をしっかり創りつづけたいですね。

 

KJ WORKSとは、喜んでいただける暮らしを(K)実現する(J)志事(W)を意味します。

彩都「くらしの杜」は、喜んでいただけるコトをその場を目的としています。

ですから、彩都「くらしの杜」に存在する、暮らしに関わるお店は、来られたお客様に「わくわく感」と「ドキドキ感」、そして、「ほんわか感」要するに「安心感」を感じてもらえる場であることが基本です。

 

暮らしに関わる中で、美味しいコト、楽しい買い物ができるコト、笑顔になれるコト、愉しめるコト、くつろげるコト、など等、そのためには常に反省、改善、新たな実践と行動を吊返し継続する必要があります。

残念ながら、「かぐら」や小国館には素敵な逸品や満足いただける品物を取り揃えて展示しているのですが、それが、来館いただいたお客様の心を打つ、気になる、欲する展示販売には至っておりません。

 

世の中の必要とされる小売販売にはまだまだほど遠く、早急にその豊富な知識が求められています。

 

以前から気にはなっていたのですが、人任せのツケが来た!そんな想いです。

度々、全国のお店や企業を学ぶ中で、他社の小売販売の状況を観ていて、『これは素晴らしいとか、これはダメだろう、こうしたらいいのに!』・・・

そんなことは他人目線で言えるのですが、それではリスクのない評論家、私自身が評論家面していることに気づきました。

 

この16日から20日まで、北関東~旭川~砂川へと見て周り、観て、触って、聞いて、感じた結果、私自身が危機的な状況にあると悟った次第で・・・

今日は終日自宅で、これからどうあるべきか、どうスタッフに指示すべきかを模索し続けていましたところ・・・

 

スタッフにはスタッフで個々に学んでもらいながら・・・

先ず私が、どうアレンジできるか?どうストーリー性のある展示ができるのかを学ぶのが最重要と察し・・・

 

どこで学ぼう、何を見て周ろう、どこを観よう!そんなことを終日ネット、書店、娘の買い物に同行など、面白い一日となりました。

 

先ずは明日から出かける建て方に途中抜けして?島根県大田市の群言堂の本店を学んでみます。

7月1日から着手する『スイーツと薪ストーブのお店 filiz』で実践できる力を身に着けます。それからスタッフに伝えようかと?

もしかするとこの指摘に奮起して、スタッフの方が先に身に着けて「かぐら」が良くなればそれはそれで最高の話ですね!

 

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵月末の28日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、28日(土)、午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/