S管フックを探し求めて・・・!

2014.9.4|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

吊パイプがあっても、吊金具がなければ、商品は吊れません!

 

午後からの薪ストーブのお店「filiz:フィリズ」のアクセサリーセッティングでは、100本近い各種の斧や棕櫚箒、棕櫚ハタキ、棕櫚刷毛、フライパン、鍋、風鈴など等を吊る予定が、オーダーした吊金物(丸棒や丸パイプ)にはフックがついていません。

迂闊!

近くのホームセンターに行っても、チャチな樹脂製S管フックしかなく、しかも数が4~5本しかなく・・・

 

それなら、日本橋・・・道具屋筋なら間違いないはず!そう思って日本橋を夕方から歩き回ったけど・・・

日本橋の街は、昔の電気の街とか道具屋筋とか、家電品の街とはかなりほど遠く・・・確かに家電品、ネット製品はありますし、僅かながら道具屋は残っていますが、S管フックなんてありません。

あるのは、漫画の本から出てきそうな女の子の呼び込み風なお店が目白押ししているだけ・・・

 

かろうじて4kmほど歩き回って1件だけ、S管フックを発見・・・けど、ステンレスのしかも種類もなく・・・

欲しいはずの真鍮色やアナログっぽい色のS管フック・・・

けど、それしかないから仕方なく・・・2種類で65本、それ以上なく・・・

 

それなら心斎橋のハンズにダメもとで重複しても良し!で走ると、あるはあるは!?

 

冷静に考えればお洒落なものが道具屋筋にあるはずないし・・・

30年も私の頭は時代錯誤しています!

まあ、フックの必要性がもっと早くわかれば、ネットでチェックもできたのですが・・・

 

フック

この色とサイズのものを約160本も買ってしまいました・・・けど、メチャクチャええ感じのシロモノが揃いました!

 

コストを考え考え作り上げたお店なのに・・・S管フック、日本橋で¥2,555,-。ハンズで¥15028,-

まあ、明日中に片づけたいし、吊モノを残してセッティングもやりにくく・・・

こんな素敵なフックがあったことに感謝します!

 

さて、明日は朝からセッティングやりますよ!

 

 

追伸・・・

今月の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」は9月8日(月)のみです。

毎回トリオでオープンしているのですが、鳥取から通う上田さんがどうしても都合がつかず・・・

ということで、9月の蕎麦打ち同好会もお休みです。


林家染弥さん、2014年9月27日に、115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

天満天神 繁昌亭で、~3代目菊丸襲名カウントダウン~さよなら!染弥の会 に出かけて、感激しました!

そして、桂 吉弥さんの「彩都 木楽亭」は11月25日(火)です。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
https://kjworks.co.jp/

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library/

薪ストーブのお店「filiz:フィリズ」

https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。

http://maki-stove.osaka.jp/