今頃、薪ストーブのメンテナンスって手遅れ!?

2011.11.6|カテゴリー「キッチンと家具とインテリア」|投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日は岐阜の実家から、甥夫婦が実家の家づくりの打合せでわが家にやってきます!

到着は昼過ぎ?って、電話があって・・・・

それまで時間があるし・・・・・

っと・・・わが家の薪ストーブ・・・そういえば、私も妻も内部の清掃をこの1年間全くしていないことに気づいて・・・

一番大事なのは、内部の灰を綺麗に撤去しておくこと・・・・・・

わかっちゃあいるけど、やってませんでした。

今まではなんだかんだと言いながら、どちらかがやっていたのですが・・・?

ということで、ストーブのドアを開けようとすると・・・中々開かない?無理やり開くと・・・

なんと、両端の小口が錆付いているではないですか!?

庫内下にある灰皿も・・・硬い・・・中々引き出せない・・・ガタガタやっていると・・・「スポッ!」と抜けましたが、裏側には錆が・・・

火力の調整用の吸気口のレバーが動かない・・・?

またガタガタしていると・・・何とか動いて・・・やっぱり錆!

大急ぎで灰を引き上げて庫内の大掃除に・・・約1時間!

けど、錆は取れませんので、かくなる上は火をつけるしかなさそうです!

まあ、掃除したから・・・善しとします!

来週にでも火入れですね!

薪ストーブをお持ちの皆様!

毎年シーズンが終わったら即、絶対に庫内の清掃と煙突掃除・・・宜しくお願いします。

ズボラな私のようになりますよ!