主が愉しく暮らしていると、建物も楽しそうです!

2020.7.27|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト ,薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
IMG_9355
春に引渡しさせていただいたお家は、生き生きしていました!

 

 

 

 

昨日、芦屋で午後からの打合せを終えて、会社へ来られる予定の池田のお客様のお家へ私からお邪魔しましたところ。。。

 

リフォーム前は、主不在でひっそりと暗い雰囲気だった田舎間のお家が・・・

 

その家を必要とする、新たな主の登場で建物が生き生きとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

リフォームに際し、建物の実測をした時など・・・

 

建物の床下は半数以上の面積にわたってシロアリに蝕まれ。。。

 

部屋の窓を開けても、明るさなど微塵もなく・・・

 

2階に至っては、雨漏れ跡が目立ち・・・

 

暗がりの部屋に、外の明かりが壁の隙間から入る程度の憂鬱な空気感。

 

 

 

 

 

10年近く、主不在のまま放置され、見捨てられたお家。。。

 

今度は、陽気で元気な新たな必要とされる主の登場・・・

 

その想いを私が、プランして全面改修リフォーム。。。

 

 

 

 

 

床下から屋根、壁に徹底的な高断熱を施し。。。

 

 

2階の天井は全て無くして、梁や桁を現した小屋裏までの大空間に・・・

 

大きな窓を新設し・・・

 

 

既存窓には、ペアガラスのインナーサッシを設置。

 

1階リビングと食卓は、その上の2階6畳間の2部屋を取り除いて大空間の吹き抜けに・・・

 

その大空間の暖房を補うための大型薪ストーブも設置!

 

 

 

 

 

 

更にわんぱく盛りの2人の兄弟のために、二階キャットウォーク横に枝付きヒノキの大木を立てて。。。

 

2人は2階へは階段ではなく、ヒノキ枝付き丸太で移動。。。

 

この丸太。

 

クリスマスツリーにもなります。

 

人を呼ぶ枝付き丸太もこのお家を元気に明るくしてくれました!

 

住み始めた建物訪問で、この生き生きとした建物の姿をみますと。。。

 

建築屋っていいもんですね!