今ならこうした場所には、腐り難い素材を使いますが。。。

2020.12.19|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG_2636
板で設えた隣家との隙間の溝蓋は20年経つと危険な状態に!
IMG_2637
経年劣化で、朽ちています!

 

 

 

 

ダメなシゴトの一例ですが・・・

 

20年ほど前までは、こうした場所も針葉樹の板や木材で仕上げていました。

 

 

 

 

 

今であれば、やっぱり30年40年先まで考えて・・・

 

腐り難いステンレス等鉄類にすべきだったと反省。。。

 

鉄では20年が限界かもしれませんが・・・

 

若しくは、腐り難い、イペやマニルカラの木材にするとか。。。

 

擬木にするとか・・・

 

 

 

 

 

 

20年経って、歩いてみるとまだ歩けるのですが・・・

 

問題が起きてからでは手遅れですから・・・

 

 

 

ということで、今回は、マニルカラの板と下地材でやり替えます。

 

お家のメンテナンス。。。

 

早めのご連絡に感謝です!