母屋と離れのつなぎ目は古い建具を設置!

2019.12.5|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
01-131
春に引渡しした古民家の増築部の離れに古い建具で出入り!

 

 

 

 

春に引渡したお家は、その昔の建物を50年ほど前に曳家したお家の母屋でした。

 

その増築部の離れを全面リフォームして、母屋と繋いだのが、ご覧の写真の建具。。。

 

この建具は、母屋の建具ではなく、その親戚の母屋(築130年)で使わなくなった建具です。

 

 

 

 

親戚つながりで、工事の際に不要となった建具をKJWORKSにで保管し。。。

 

今回、母屋の縁側と離れを繋ぐ出入口に使ってみました。

 

 

 

 

昔の建具の高さは5尺7寸(172cm程度)のサイズのために、建具下部を継ぎ足して1800mmに・・・

 

そして、引き違いではなく、母屋の縁側に繋がるように1間間口を引き込む形に設置。。。

 

離れは新しい建物ですから、決して古民家調の表情はしていませんが・・・

 

古民家(伝統建築)の母屋の縁側と繋ぐ場所ですから、開けるとしっくりします!

 

 

 

 

こうした親戚つながりの古民家シゴトがあると、僅かながらではありますが、ちょっとしたフィットするアイデアが浮かぶものです!

 

今回、始まった古民家リフォームでは、たくさんの建具が残っていますから再利用しますが。。。

 

今後も、こんな出会いがあれば、まだ会社に残る建具を上手に使おうと思います!

 

多くの出会いに感謝です!