自粛の今だから、家づくりや暮らし方をしっかり考える時では!

2020.4.16|カテゴリー「リフォーム ,伝えたいコト ,木の家(E-BOX) ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
IMG_6620
自粛の今だからこそ、暮らし方提案をしっかり考えられます!
IMG-7506
パソコンの向こうは食卓と左が階段とその右には、窓に近づけば、リビングが見えます。

 

 

 

 

 

家づくりをお考えの方に伝えたい話。。。

 

自粛による在宅勤務だからこそ、家づくりや、家族との暮らし方をしっかりと考えられるときです。

 

自粛による在宅勤務要請は今回だけに限りません。

 

原因不明な感染ウィルスは今後も時折、出現すると思います。

 

そんな今だからこそ、家づくりをお考えの方に伝えたいお話です。。。

 

 

 

 

 

 

 

先ず、在宅シゴトができる空間をつくるコトです。

 

例えば。。。

 

 

共働きのご夫婦が保育所預かりを拒否されています。

 

医療関係者以外はダメ!

 

これって、国の在宅勤務への暗黙の強制です。

 

そんなご夫婦が、家づくりをお考えであれば、子どもさんの面倒を見ながら如何にテレワークも可能になるか?

 

可能にできて、愉しみながら、在宅シゴトができる環境を今だからこそ考えるときです。

 

 

 

 

 

 

家族が自粛でみんな家に居る・・・

 

そんな環境の居間で、シゴトに集中できるとは思えません。

 

家族も見える、家族も感じられる家の中で在宅勤務も愉しめる、そんな間取り空間づくり。

 

 

 

 

 

 

 

私は、今から17年前に自宅を建築しました。

 

ご覧のように、パソコンの向こう側は食卓です。

 

少し、窓から左を見ればリビングが見えます。

 

元々、在宅シゴトができるようにと18年前に考え建てた家です。

 

必ず、家だからこそできるシゴトがある!必要!

 

無駄な通勤時間も要らないし、その往復だけでかなりの時間的余裕もできる!

 

そう思って建てた家です!

 

17年住んでみて、子どもたちも二人とも元気に育ち自立しています。

 

同居中もこの部屋で昼間、晩と仕事をしながら育ちました。

 

 

 

 

 

義理母とも、いい距離で暮らせています!

 

妻とも丁度良いアトリエのある暮らしが続いています!

 

私には、こんな経験と実践で得た在宅シゴトのノウハウを提供できます!

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代、在宅勤務を愉しめる家づくりが必須です。

 

こんな自粛の時だからこそ、そうした家づくりが考えられるトキです。

 

 

 

 

 

 

今、家づくりをお考えの皆さん。。。

 

私のノウハウを使ってください!

 

こんな時期だからこそ、ご連絡、お待ちいたしております!

 

 

fukui@kjworks.co.jp  でも、090-8574-5220 でも構いません!

 

お待ちしています!