豪快さと癒しの風情が活かせる、薪ストーブのある古民家リフォーム!

2019.11.17|カテゴリー「リフォーム」|投稿者 福井綱吉
IMG-4471
豪快な梁や桁、そして大黒柱を活かした古民家リフォームが始まります!

 

 

 

古民家の定義ってよくわかりませんが・・・

 

日本の昔ながらの伝統建築を指すものと私は理解しています。。。

 

当然、時代によって屋根形状や仕上げのための収まりも違いますし、趣も違います。

 

 

 

 

以前に改修した築200年から300年ほど前の建物は、どれも屋根が藁ぶきで、小屋裏を見上げた屋根下地が実に綺麗でした。

 

けど、長年の経年劣化で建物そのものが捻じれていて・・・

 

そのまま放置すればスクリュー状態というか、キリモミ的に倒壊するのがみえみえでした。

 

 

 

今回の建物同様に、瓦葺きで、よく見かけるのは明治以降の建物。

 

この建物は、昭和35年ごろの建築らしく、築60年足らずですから、古民家というより、伝統工法の和建築っていう感じです。

 

蔵と母屋を無理やりに部屋に取り込もうと繋いだ屋根納まりで・・・

 

どうやらその無理な屋根仕舞から雨漏れがしたらしく。。。。。

 

その水の侵入に導かれてシロアリが蔵の梁桁まで浸食。

 

 

 

 

この影響さえなければ、今回、リフォームする母屋は、お住まいだった主の丁寧な暮らしぶりで、一階は実に綺麗な室内です。

 

基礎も有筋か無筋かはわかりませんが、コンクリート基礎です。

 

残念ながら、部分的にシロアリの発生が見受けられて、床は一部を除いて全て捲ります!

 

 

 

 

ただ2階はというと、おそらく阪神大震災での被害だと思いますが、四方の角の壁がひび割れ、雨漏れの痕跡が。。。

 

想像するに、当時の主は、震災で崩れたであろう瓦屋根を和瓦で葺き替え、2階は触らず、1階のみを今風に修復して住んでおられた感じ。。。

 

 

 

 

一番費用の嵩む屋根が、24年前の阪神大震災後に葺き替えられていて、然も、1階はシロアリ被害さえなければ、趣と風情のある設え。。。

 

そこで、今回、1階の趣と風情のある玄関や座敷を極力活かし、骨太な骨格を吹き抜けと2階屋根全体から魅せる。。。

 

窓、屋根、壁、床下の充填断熱工事をしっかりやって・・・

 

薪ストーブの良く似合う、薪ストーブで家中が温もる。。。

 

そんな暮らしの実現を企んでいる私ではあります!