11月24日(火)大型パネル工法建て方見学会の彩都の家、基礎工事始まっています!

2020.11.4|カテゴリー「木の家(E-BOX)」|投稿者 福井綱吉
IMG_1623
ようやく天気も安定してきて、明日からベタ基礎生コン打ち開始です!

 

 

 

 

11月24日(火)は、大型パネル工法「彩都の家」の建物見学会!

 

ご覧の基礎工事は、この状態だと、11月18日頃に出来上がる感じ!

 

現場は、会社の敷地から歩いて20秒のところ。。。

 

 

 

 

 

現在、基礎の様子は見えないのですが、2階事務所からは、建て方の様子は座って観られそう!

 

現場仕事なのに、在宅感覚の現場です。

 

 

 

 

 

 

一般の大工は70歳前後の高齢者が多く、そろそろ、引退を考える年ごろ。。。

 

引退されたら、補充に目途が立たず、工務店が一番困るはず・・・

 

なのに、一向に考えようとせず、賃金ばかり値切る!

 

もっと、未来を見据えた工法で、大工を大切に考えて欲しいもの。

 

大工仕事をしっかりできる木の家づくりを考えるのが、われわれ工務店稼業の経営者のシゴトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場で荷物の番人や運び屋で時間を費やされ。。。

 

日々の50%も本来の仕事ができません。

 

集中しだしたら、荷物が届き。。。

 

絶好調なときに重い窓やドアが納品され、各指定場所に運ぶのも大工の役目。。。

 

運び終えて、疲れ。。。

 

次のシゴトに即エンジンもかからず。。。。

 

作業効率は悪くなるばかり。。。

 

 

 

 

 

 

そんな非効率な在来工法に一石を投じたのが、新しい発想の木造在来工法の大型パネル工法。。。

 

今回も、彩都で、多くの関西の工務店仲間に、生産会社のウッドステーションから見学工務店を募っているのですが。。。

 

近未来の困りごとに目を伏せ、中々見学応募してもらえません。

 

トラックが横付けできる場所であれば、絶対に大型パネル工法です!

 

そんなことを6年前から私は続けているのですが。。。

 

未だ24日まで時間はありますから、多くの大型パネル仲間で高齢化する大工さんに、これからの10年を更に、愉しんで働いてもらいたい!

 

そんな方向性を共有できる多くの工務店、観て、即実践してもらいたい!