以前のキッチンを活かした家族の間が見えてきました!

2020.1.24|カテゴリー「ストーブ ,リフォーム」|投稿者 福井綱吉
02-134
家族の間の断熱充填した床板が張られました!
01-149
分厚い床板は下地合板不要!

 

 

 

 

 

伝統工法の家。。。

 

その昔の古民家とほぼ同様の造りです。

 

但し、このお家は、50年ぐらい前の田舎間の建物ですから、無筋ながらコンクリート基礎です。

 

 

 

 

 

 

 

この台所とリビングの床は、以前は、丸太大引の上に根太が載せられ・・・

 

その上にヒノキの厚み15mmの板で仕上げられていました。

 

また、座敷は、丸太大引の上に根太が載せられ、厚み20mmほどの下地杉板が張られ、更にその上に畳がありました。

 

どちらも、無断熱の床。。。

 

壁は土壁で隙間だらけ。。。

 

屋根にも断熱は無し!

 

冬なんて、強烈に寒かったことが安易に想像できます!

 

 

 

 

 

 

それまでの、台所とリビングと座敷をひとつの家族の間に広げて。。。

 

その上の2階和室2間の床を取り払い・・・

 

屋根裏まで取り払った大空間の吹き抜けの部屋になります。

 

 

 

 

 

 

 

そんな部屋ですから、しっかり充填断熱が必要です。

 

ご覧の床は、床下地の丸太大引を取り払い、新たにヒノキの角材に変えて・・・

 

その間にフェノール系の高密度の断熱材、フェノバボードを敷き詰め。。。

 

その上には、厚み40mmの小国杉の床板を直に敷き詰めました!

 

 

 

 

 

もちろん、壁と屋根裏にも徹底した充填断熱を施し、窓は断熱窓に取り換えと2階上部窓には、その内側に樹脂製ペアガラスのインナーサッシを設置。

 

外部には既存壁の外に、通気胴縁を取り付けて、その上に防風・防湿シート、その上に小国杉の板張り。。。

 

この大空間の部屋にはエアコンの暖房は似合いそうもなく。。。

 

高性能の薪ストーブが着きます!

 

冬の暖気は薪ストーブで・・・・・

 

冷房は、上からエアコンで・・・

 

若しくは、窓を開けっ放しにして涼しい風を部屋中に流す!

 

 

 

 

 

 

なんか気持ちよさそうな完成後の姿が浮かんできます!

 

それと、この吹き抜けの空間には、2階のキャットウォークの横を枝付き磨き丸太が床からの防り棒として突き出ます!

 

愉しみ愉しみ!