夢心地・・・気づいたら午後22時でした!

2020.12.11|カテゴリー「薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
unnamed-7
部屋を暖めて・・・気づいたら気絶していました!

 

 

 

 

 

薪ストーブに火をつけて・・・・・

 

晩ごはんを頂いて、ちょっと一服。

 

本来、ここで、食後の散歩を4000歩ほどします。

 

 

 

 

 

 

ストーブの近くにあるソファに座って・・・・・

 

ちょっと一服で、目を閉じた。。。

 

これがいけないかった!

 

 

 

 

 

 

薪ストーブからの遠赤外線放射熱は全身に行き渡ります!

 

けだるい心地よさで、即気絶!

 

ふと気が付いたら、午後22時!

 

食後の散歩も忘れる始末!

 

 

 

 

 

 

この熟睡で、すっかり疲れも取れます!

 

薪ストーブのある暮らしを始めて18年目。

 

こんなに豊かな温もりのある暮らしを体感し続けられる。。。。。

 

家に薪ストーブがあるだけで、実に豊な暮らしができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この体感の日々を通じて、多くの皆さんへ薪ストーブのある暮らしを伝えたい!

 

実体験から語れる薪ストーブのある暮らし。

 

多くの人に住んで欲しいですね!