窓ガラスの取り換えも、私たちKJWORKSのシゴトです!

2020.1.29|カテゴリー「ストーブ ,リフォーム ,伝えたいコト ,木の家(E-BOX) ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
01-151-e1580304055591
旅行カバンの角が当たって1週間ほどしたら、その角から2方向に向かって割れだしたそうです!
02-136-e1580304071419
窓ガラスを撤去して隙間の掃除!
03-77
予め測った寸法の窓ガラスを搬入!
04-41-e1580304095466
設置後は、高さ2.4mの硝子もピッカピカ!の新品に!

 

 

 

 

T工務店が50年ほど前にRC造で建築した建物の縁側の窓。。。

 

幅が90cmで高さが約2.4mの窓ガラスに、旅行カバンの角が当たり・・・

 

数日してからその当たった箇所から2方向に大きなヒビ割れが・・・

 

この大きさであれば、今なら厚みは最低6.0mm。。。

 

けど、50年以上前のことですから5.0mmしかありません。

 

たった1.0mmの差なんですが、この差は大きいです!

 

 

 

 

 

 

その昔ですから、当然窓ガラスはシングル!

 

ペアガラスの時代ではなく・・・

 

それでも、その当時、こんなに大きな窓ガラスを使う建物はまだめったにお目にかからない時代だったと思います。

 

50年経った今も、アルミ窓は、その表面は腐食の斑点が相当出てきていますが、その重さの割に、スイスイと動きます。

 

当時としては、性能の良い窓だった感じですが・・・ガラスはシングルだし、断熱はできていないし・・・

 

寒くって、暑い家には違いありません!

 

 

 

 

 

 

時代が変わり、その工務店もメンテナンスをすることもなくなって。。。

 

今から10年ほど前からは、私がこのお家のメンテナンスやリフォーム、補修工事を担当しております。

 

お客様の親戚つながりで、このお家を含めて5件(建物は7物件)の家づくりやリフォームをさせていただいております。

 

新築が2件で、古民家リフォームが3軒、コンクリート住宅(RC造)のリフォームが1件、そして、マンションリフォームが1件です。

 

 

 

 

 

 

どのお客様からも、御贔屓にしていただける、私にとっては理想の工務店像です!

 

これからも良いご縁が続きます王に!