自然循環型薪ストーブライフを支援する仕組み!

2014.11.27|カテゴリー「ストーブ ,伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

KJ WORKSは薪ストーブライフを支援し続けています。

 

薪ストーブライフ

今日も薪ストーブの火入れ式に立ち会いました!

 

KJ WORKSは、家づくりのプロである建築屋自らが薪ストーブを提案し、自社のスタッフで設置しています。

住宅環境を考慮し、建物構造を理解し、屋根や天井や壁の構造的納まりをしっかり把握した上で、そのお家に合致する薪ストーブを提案し、そして、設置します。

生業が暮らしのプロとしての家づくり工務店ですから、薪ストーブを「売ってナンボ!」という仕事はしていません。

KJ WORKSにとって薪ストーブは暮らしの根幹のひとつです。

 

ですから住まい手のご家族がご自身でしっかり取り扱えるまで念入りに説明し、火入れ式も改めてシーズンに入る頃にお邪魔してご説明します。

また、薪ストーブのメンテナンスや煙突掃除についてもしっかり指導させていただき、その道具やアクセサリーなどは薪ストーブのお店「フィリズ」で数多くの在庫を抱えて対応できる体制にしています。

薪ストーブに関わらず、暮らしに関わるメンテナンスや暮らしのリニューアルのご相談にも都度対応いたします。

薪割り大会以外には「薪ストーブを愉しむ会」もシーズン中毎月開催することで、薪ストーブのコト、燃やし方、メンテナンスなどいろいろの勉強会を開催。

 

そして、薪ストーブで一番大切な薪燃料については徹底的に安く調達できる方法として、シーズン中は毎月薪割り大会を開催することで斧や鳶、チェンソー、薪割り機械などの使い方も指導して、薪燃料は一般購入価格の1/5以下で持ち帰られる仕組みを作っています。

本社では現在、豊能町の旧小学校グラウンドを借りて毎月、会費制の10組限定で開催しています。

ただ、10組ではKJ WORKSで設置していただいたお客様や現在設置予定のお客様をとてもフォローできませんので、来年の5月以降は、彩都「くらしの杜」の敷地内に薪燃料用原木を大量に集積して、そこで、土日祝日に限らず、会費制の薪割りをしていただく予定です。

薪ストーブ派のお客様は労力を惜しむような人はおられません・・・労力を愉しんでおられます!

 

それから、堺や岸和田など泉州方面のお客様には、KJ WORKS南大阪でお客様と協働で薪燃料調達する会を立ち上げて、薪燃料集積場所も確保。

新たな薪割り大会も始まりつつあります。

この形はやがて阪神地区でも進めていく予定。。。

 

家づくり工務店として、建物から暮らしの設備、暮らし方までが、お互いに愉しみながら、一生のお付き合いと成れるよう日々その仕組み作りを模索し続けています。

なんでも愉しまなくっちゃ人生、勿体無さすぎますからね!

 

 

追伸・・・

いよいよ今週末の29日(土)は手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」です。

蕎麦打ち同好会もその日の午後2時半ごろから。。。

2015年は、2月28日(土)、桂 吉弥さんと林家菊丸さんの二人会から始まります。

次回の薪割り大会は、12月21日(日)。

薪ストーブを愉しむ会は、12月14日(日)午後2時から・・・

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
https://kjworks.co.jp/

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library/