ストーブファンならこの表情ですね!

2015.3.13|カテゴリー「ストーブ」|投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

やっぱり気に成ったら工場へ行かないとね。

 

今月、京都で開催されたペレット事情についてのイベントに参加・・・

その際に同郷の岐阜県のペレットストーブメーカーにお会いすることができて。。。

薪ストーブファンが設置できそうにない環境の土地で、諦めきれずに購入を検討されるペレットストーブ。。。

性能も大切ですが、最高水準のペレットストーブに比べて同等と察すれば、やっぱり薪ストーブの雰囲気を醸し出すモノが即お勧めすべき商品ですね。

 

01豊実

良い表情です。

02豊実

ホーロー製品は表情も綺麗です・・・けど、単発製品ですから高い!1台10万円以上はするとおもいます!

04豊実

こんな商品も試作中。

03豊実

これも一緒です。

 

お邪魔してこのストーブ性能でわかったコト・・・

トッププレートの温度は約150℃、ふたを開けて汁モノを温めたり、炒めたりできるプレートに限って言えば350~400℃近くにまで実証実験ではできていました。。。

側面温度は140℃ぐらい。。。

 

このストーブは毎日、実証実験ばかりしている、不思議で、慎重な会社です。

この会社、でっかい製造メーカーで、その傍らで地道に作るペレットストーブ事業部門。

実証実験ばかりしていても、売れる会社。

早速、販売店契約を進めることにしました。。。

 

KJ WORKSもこんな研究を繰り返すことで自然とお客様が集まってこられる・・・

そんな会社に成りたいものですね。