薪割りの楽しみ・・・針葉樹編!

2021.5.11|カテゴリー「薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
IMG-5272
今週中に同じぐらいの量の杉材が薪燃料として入荷します!伐採後3年ですから、今度のシーズンには使えますね!

 

 

 

 

ようやく寒いシーズンがお終わろうとしているのに・・・

 

薪ストーブファンにとっては、既に寒い時期から薪調達のシーズンは始まっています!

 

広葉樹材はというと正確には、来年か再来年の冬のための調達ですが・・・

 

 

 

 

けど、御覧の杉材はというと、伐採後、既に3年経過。。。

 

細い杉丸太は既にパサついていますから、火持ちはあまりしません。。。

 

けど、太めの丸太であれば、半割か3つ割りぐらいにして炉内に入れれば、広葉樹並みに火持ちします!

 

しかも、今年の冬でも完ぺきに薪燃料としても使えます!

 

 

 

 

 

 

今週中には、会社のトラックで山へ引き取りに行きますから、週が明けると、ほぼ倍ほどの丸太の山になっていそうです。

 

これ以上、ご覧の状態で雨ざらしにすると、薪燃料としての価値は無くなってしまいますから、とりあえずブルーシート掛けします。

 

 

 

 

 

 

今年からは、雨ざらしにして薪燃料の価値を台無しにするような野積みは止めて。。。。。

 

ボックスに玉切りした後は、屋根をつける形で天日干しにします!

 

上からのあめは禁物!

 

横殴りくらいの雨であれば、風通しも良く常に乾きますので・・・

 

あくまで屋根さえ付いた野積みであれば大丈夫なんです。

 

 

 

 

 

 

ご覧の写真のほぼ倍ほどになる杉丸太の山。。。

 

来週ぐらいから、約40cmの玉切りにしてスチールの格子BOXに振り分けて、会員さんの薪割り申し込みを待ちます!

 

この手の丸太であれば、力もほとんどいらず、軽く斧を振り下ろすだけで綺麗に割れますから。。。

 

薪割り機は不要だと思うのですが・・・・・

 

上から刃を振り落とす22トンのガソリン式薪割り機の楽さ加減を覚えてしまうと・・・

 

麻薬のようなもので、斧も使うことなく、いとも簡単に割って持ち帰られるような気も致します!

 

 

 

 

 

 

せっかくの針葉樹ですから、斧を振り下ろして薪割りを愉しむ!

 

そんな会員さんの申し込みをお待ちしています!

 

因みに私なら、絶対、この素直な丸太であればMY斧で割りますね!

 

これから玉切り準備ですから、7月からの薪割りとなりそうです。。。

 

暑く成ってしまいますから・・・

 

やっぱり機械に頼るかも。。。