同じ炎でも大違い!

2014.5.24|カテゴリー「ストーブ ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

今日は手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」と蕎麦打ち同好会の日でした。

01炎 02炎

ご覧の炎、どちらも写真では癒されますが・・・

本当は全く違います。

上の写真の炎は、蕎麦の湯がきに使ったカマドの炎です。

基本的には炉内は開放型で、熱を釡に行き渡るように正面に蓋はしますが、煙や熱、炎はダダ漏れです!

密閉度なんて全くありません。俗にいう一次燃焼装置です。

一気に釡に熱を伝えたいがために薪も細かく小割りした、しかも高カロリーの針葉樹材が重宝します。

癒すというのではなく、調理の燃焼道具ですね。

 

下の薪ストーブ(ネスターマーティン)の場合は、暖房の為の炎であり、炉内は密閉型で、完全にツマミひとつで炎やカロリーも調整できます。

煙も着火時以外はほとんど出ない多次燃焼装置です。

一般的には低カロリーのクヌギやナラ、コナラなどの広葉樹で、小割りしない太い材が重宝されます。

もちろん、このネスターマーティンの場合は、カロリー調整もできますから針葉樹であれ広葉樹、どちらでも全く問題はありません。

これは全身を遠赤外線が包み、癒されます!

 

けど、双方に共通することは、燃料は乾燥した薪燃料です!

けど、残念ながら、今日のような天気が良く暖かな日には、この炎、暑いだけですけど・・・

 

追伸!

今日の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は、悪戦苦闘しましたがなんとか38食、完売しました。ありがとうございました!
来月の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は、6月9日(月)と6月28日(土)です。
手軽な手打ちそば同好会、今日から開始しました。次回は、6月28日(土)、午後2時半ごろからから開始です。

落語会は、5月27日(火)、桂 吉弥さんの会です!
林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。
そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/