いつかは実演展示したい『スタンレー・クックストーブ』

2014.7.19|カテゴリー「薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

素敵なクッキングストーブに釘付けにされました。

今日、輸入元のショールームへネスターマーティン薪ストーブの打ち合わせに出かけたのですが、そのネスターマーティンではなく・・・

到着少し前までパン教室で使用されていた「スタンレー・クックストーブ」に魅了されてしまいました。

 

01スタンレークッグストーブ 02スタンレークックストーブ

打合せの際にパン教室でつくったパンと焼き菓子をご馳走になり・・・

食べてみると、ガスや電気オーブンとは全く違う、薪燃料ならではの自然の美味しさというか、自然のあたたかさの触感!

薪で焼いたパンや焼き菓子って、ガスや電気でつくる料理では決して味わうことのできない、とんでもないほどのまろやかな美味しさを実感しました。

 

この「スタンレー・クックストーブ」はアイルランド生まれで、主にカナダやアメリカ北部で120年以上の長きにわたってデザインも変えず現在に至る強烈な存在感を醸し出す逸品です。

オーブン料理の他、パンや焼き菓子づくり、ヨーグルトの発酵、冷凍食品の解凍、ハーブや薬草の乾燥など、いろいろな利用の仕方が可能です。

レトロな力強いフォルムと使い勝手に配慮した機能的なレイアウト、そして、何よりも強力な火力が魅力。

また、オーブン室が鋳鉄でつくられているために、冷めにくく、安定した温度で料理が楽しめます。

 

現在改装中のスイーツと薪ストーブのお店に設置して、色々な料理を愉しみたいほどの魅力的なクッキングストーブなのですが、残念ながら場所的に置く場所もなく・・・

 

けどどこかで使いたい!

先ずは、この「スタンレー・クックストーブ」の大ファンで、KJ WORKSで建てさせていただけるお家に設置させていただき、ゆったりとしたクッキングストーブのある暮らしを愉しんでいただく・・・

そんなご家族に巡り合いたい!

・・・それが今の私の心境です。

図々しくって身勝手な希望ですが・・・そんな方と早く出会えたいものです!

 

 

追伸!

次回の手打蕎麦「彩都 木楽庵」は、26日(土)です。

手軽な手打ちそば同好会は、その日の午後2時半ごろからから開始です。


林家染弥さん、2014年9月で115年ぶりの3代目「林家菊丸」の名跡を襲名されます。

林家 染弥さんの名前では最後の「彩都 木楽亭」は8月26日(火)!

そろそろお弟子さんたちの会も立ち上げて、毎月落語会を開催できればと目論んでおります!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp 

木の家づくり図書館』ブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kjlib 

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://osaka-stove.kjworks.co.jp/