今年最初の「薪ストーブを愉しむ会」!

2017.1.15|カテゴリー「ストーブ ,木の家(E-BOX)」|投稿者 福井綱吉

雪 せっかくのテラスも雪まみれ!

彩都「くらしの杜」も、朝は一面雪景色!

 

そんな最高に寒い午後からは、E-BOX彩都モデルハウスにて、「薪ストーブを愉しむ会」を開催。。。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)対応の断熱性能(壁や屋根、そして窓も。。。)の家ですから、薪ストーブを焚くともう外の冬景色とは到底同じ世界とは思えないほどの暖かさ。。。

勉強会の中で参加者から、隣り近所からのクレームが心配という声もありましたが。。。

薪ストーブは、燃焼効率も大事なのですが、煙を気にするなら「排気煙量」が重要なんです。

1kgあたりの排気煙量です。’0gが一番確かなのですが、0.8~2.0gぐらいまでならもう最高です。

まあ、7gぐらいまでが最高水準だと思います。。。

RAISの0.8g/kgという商品。。。これはもう、凄い数値です。

RAIS(デンマーク)社の薪ストーブは、デザイン性とその数値が売りです。

当然ながら、その熱容量は結構少なく、基本的には高断熱住宅だから使える商品。。。

そういう点で、近隣を気にする人にはもってこい!のストーブ!

もちろん、最初の着火時には少しだけ煙は出ますけど。。。

それはペレットストーブも同じですから、あとは近隣との最初の対応策だけです!

どんどん勉強して確かな薪ストーブファンが増えればCO2削減にもつながるのです!