マッハシステムを更に活かす付加断熱の家の上棟式に参加しました!

2021.2.13|カテゴリー「木の家(大型パネル・E-BOX・小国杉) ,薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
IMG_3891
大型パネル工法で、マッハシステムで、更に付加断熱に!

 

 

 

 

 

本日は、豊中で上棟した大型パネルの家の改めての上棟式!

 

上棟というと、本来は棟木が設置されたとき。。。

 

ということは、屋根もない、骨組みだけの雨ざらしの状態です!

 

 

 

 

 

 

そんな構造体や室内となる建物内部が雨に全く濡れない工法。。。

 

それが大型パネル工法です。

 

今回は、もちろん、窓も設置できて、更に構造体外部に付加断熱も施しての木の家です。

 

といっても、断熱性能をレベルアップするために、今回は、充填断熱はグラスウールに。。。

 

柱の中の隙間を一切なくすことが檀悦にとってはさらに有効。。。

 

そこに、外部の付加断熱(俗に外断熱と言われてますが)を追加することで・・・

 

 

エアコン1台で全館冷暖房のマッハシステムが更に充実する。。。

 

そんな試みの木の家の上棟式でした。

 

上棟式といっても、窓も設置されていて、内部の床下地も張られていて、屋根周りの化粧工事中の段階で。。。

 

 

 

 

 

 

 

室内には雨は全く入りません!

 

充填断熱と付加断熱。。。

 

壁の断熱の在り方。。。

 

雨音が気になる屋根の付加断熱の在り方。。。

 

 

更に今後、いろいろな試みによって、大工さんをしばらくは悩ますことになりそうです!

 

けど、現在では最良の試みですから、日進月歩の断熱気密の試行錯誤。。。

 

いいことだと思います!