彩都E-BOXモデルハウスの薪ストーブを「JOTUL」に入れ替えます!

2021.6.21|カテゴリー「木の家(大型パネル・E-BOX・小国杉) ,薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
IMG-6003
素敵なJOTUL F305LL ブラックペイントです。

 

 

 

 

2年か3年に一度の割合でモデルハウスの薪ストーブは入れ替えます。

 

そこで、彩都E-BOXモデルハウスに設置していた薪ストーブ(コンツーラ)C51ヤンソンも、6月8日に川西のお家にお嫁入しました。。。

 

そういえば、煙突の下の本体がないまま今日まで手配を忘れていました!

 

なんと迂闊!

 

 

 

 

 

 

モデルハウスは気密&断熱性能が良く、大きな薪ストーブは不要です。

 

ですから毎回、こじんまりとした薪ストーブを選んでいるのですが・・・

 

そうすると、薪燃料の長さが350mmぐらいしか入らないものが多く。。。

 

お嫁入したヤンソンも350mmが限界で、寸法切りして使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

彩都の会社で販売している薪燃料の長さは400mm以上ですから、カットしないと使えなく・・・

 

Dovre540の小型タイプも薪燃料は350mm、ROCK350TBも350mm。。。

 

そこで、今回は、JOTUL F305LL。

 

これなら、ちょっとお洒落だし。。。

 

薪燃料も400mmが十分に入るし。。。

 

 

 

 

ということで、さっそく手配!

 

7月初旬には新たに設置します!

 

E-BOXモデルハウスは、エアコン1台で全館冷暖房可能なマッハシステムを採用していますから、外気導入タイプになります。

 

冬場のエアコンを止めて、全館暖房は薪ストーブで温めます!

 

 

 

 

 

これから暑くなるというこの時期ですが・・・

 

薪ストーブに季節はありません!

 

設置するのが楽しみです!