無垢の板の使い道提案!

2020.11.2|カテゴリー「お店と施設づくり ,キッチンと家具とインテリア ,リフォーム ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG_1550
長さ2100mm、奥行800~840mm、厚み40mmのポプラの木は食卓テーブルに提案!
IMG_1555-e1604326659642
トチノキをご覧のような形で繋いで、キッチンの対面カウンターに提案!
間口2100mm、奥行710~830mm、厚み35mmになります。
IMG_1556
ご覧の形でタモノキは対面カウンター収納の天板に提案!

長さ2100mm、奥行470~530mm、厚み45mmです。

 

 

 

昨日と今日、そして、明日まで彩都・素材市を開催中です。

 

今日はあいにくの雨で、お客さんもまばら。。。

 

明日3日目は、天気予報では朝から終日、天気は安定するとか!

 

 

 

 

 

 

そんな中で、現在、リフォーム計画中の建物に写真の3点を提案することにしました。

 

でっかいポプラの天板は、オーダーキッチンに一体化する食卓テーブル。

 

2枚合わせにするトチノキの天板は、L型オーダーキッチンのシンク側対面カウンターに!

 

そして、もう1枚のタモノキのカウンターは、キッチンの対面収納の天板に!

 

 

 

 

 

 

素材市に来られた打ち合わせ中のお客様。。。

 

現在、戸建て中古住宅をリフォーム検討中のお客さんには、食卓テーブルを提案!

 

数多くの原板があるのですが、いくら安くしても、原板だけではどう使ってよいのか。。。

 

使いたいものにしても、いくらの加工費が掛かるのかわからず。。。

 

素材としての原板は中々売れません!

 

 

 

 

 

テーブルやキッチンカウンター、収納カウンター、玄関の式台、玄関収納カウンター、カフェの対面カウンター等。。。

 

新築や店舗、リフォームを検討中の方への提案が一番効果があります!

 

今回の素材市は、そんな今後の無垢の板の使い道提案へのヒントになりそうです!

 

 

 

 

 

例えば週明けから考えているコト。。。

 

3枚合わせのトチノキをテーブルの形にして、磨き、亜麻仁油仕上げして、「かぐら」の店内に展示!

 

同様に、面白い手ごろな変形のケヤキ天板を加工して、座卓用に展示。

 

分厚いケヤキ原板を2つ割りにして、2枚の変形天板加工して展示。素性が良さそうなので2つ割りしても問題なさそう!

 

脚付けて、カフェのテーブルに使い、現物販売をする!

 

 

 

 

 

素材市で展示している時は現物を見られるから、新築やリフォーム用にイメージが湧くけど・・・

 

素材市が終わって、倉庫に仕舞い込むと、イメージがわかなくなって、またまた眠ってしまう!?

 

イメージが湧き続けるうちに、再度、素材市を開催して、新たな提案を繰り返す!

 

現在年1回の素材市を年3回程度、連休を兼ねて開催。

 

 

 

 

 

新築中やリフォーム検討中、お店検討中のお客様に積極的に素材市を観てもらう!

 

そんな素材市とその提案ヒント!

 

倉庫の宝がある間は続けたいものです!