建築屋ですが、リフォームシゴトも大好きです。生い立ちから。。、

2021.4.30|カテゴリー「お店と施設づくり ,キッチンと家具とインテリア ,リフォーム ,伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG_4316
8畳間を間仕切って二人の部屋に。けど、天井は二人とも八畳間です!

 

 

 

今回はかなり長いブログですけど、飽きず、読み切ってください!

 

 

 

 

社会に出て最初に入社したのが商社でした。

 

小さいころから海外に出て貿易をしたい!そんな想いからだったような気がします。

 

けど、配属は海外とは全く関係のない鉄鋼部門の国内の鉄鋼問屋相手の部門で、1年半ほどで未練なく退職。

 

 

 

 

その後、建材卸の会社に転職して、ゼネコンや工務店、設計事務所相手の商材販売に携わりました。

 

なんで海外行きを希望していた者が、建材卸問屋に入ったのか?

 

よく覚えていませんが・・・

 

小さい時から、最終的には自営したいという気持ちが、海外をあきらめて近道を求めたのかもしれません。

 

大阪で商いを覚えれば商才に長けることができるのでは?

 

そんな想いから、自分なりの近道を選んだのだと今は理解しています。

 

 

 

 

 

建材問屋での担当は、現場ごとの販売でしたから、基本的に他社より安いか?

 

他社には無い魅力や能力を備えれば必ず仕事がもらえる!

 

そんな打算から前者の他社より安い販売ではなく、他社とは違う魅力を身に着けることで、技術的な商いが身につくのでは!

 

そう考えての受注営業は見事に当たり!結構充実した若かりし頃でした!

 

 

 

 

 

元々建築が好きでしたから、仕事が終わった晩に建築士会が当時開催していた通信教育の建築大学校で2年間学び、建築知識や設計図面を猛勉強。

 

特に住宅についての設計は実に楽しかったことを覚えています。

 

当時、建材問屋の営業担当として、ゼネコンや工務店が必要とする資材の使い方、その建物に必要な資材の拾い出し、住宅設備機器の検討など徹底的に猛勉強。

 

建築屋が必要とする建材問屋対応に徹したところ、あるゼネコンの所長やハウスメーカーに気に入られ、受注も順調に伸び、営業マンとしては充実した日々でした。

 

ところが気持ちに、所詮下請け!

 

そんな末端営業に飽き足らず、もう少しグレードの高いシゴトをしてみたい!

 

 

 

 

 

 

 

その後、輸入キッチンを中心に住宅機器販売を手がける会社に就職。

 

主に住宅設計を得意とする設計事務所に出入りして、輸入キッチンやオーダー家具のプランニングを中心に技術営業に専念。

 

この時期にイタリアやドイツのキッチンのノウハウを取得していき、デザインはイタリア、頑固で合理的な収まりや製作はドイツ、そんな気づきも習得していきました。

 

また、センスのいい設計士さんのノウハウも貪欲に学び、内装図面の手伝い、キッチンや家具については設計事務所の立場で提案して、匿名仕事として受注に結びつけて、結構楽しい、面白い家づくりとの関わりが増えていきました。

 

 

 

 

 

けど、やっぱり、ここでも物足りなさが自身の気持ちに湧き出てきて。。。

 

裏方の単なるパーツの設計提案や資材販売では・・・

 

物足りなさと仕事の面白さもイマイチ気分!そんな、わがままな壁にまたまた直面。

 

 

 

 

 

そこで、いよいよ、下請けではなく元請け仕事がしたいと無謀にも独立!

 

いきなりとはいかないまでも、徐々に元請けの比率を上げていきた!

 

その当時は新築シゴトでいきなり住宅業界に挑んでもとても太刀打ちできず、先ずは、造り付け家具やオーダーキッチン、設備機器を中心とした内装業として独立。

 

さらに当時、高級建物にしか採用されない電気や温水の床暖房設備シゴトにも挑戦。

 

当時、オーダー家具やオーダーキッチン、床暖房という業種は、全くの隙間産業でしたから、いろいろな設計事務所に引っ張りだことなっていきました。

 

そして、そんな家具やキッチン、床暖房を含めたリフォームシゴトも増え始め、徐々にではありますが元請け仕事も増えていくのですが・・・

 

やっぱり、下請け仕事が多く、いまひとつ仕事冥利に欠ける!

 

 

 

 

 

そこでバブルが弾けてからの時期に、今度こそ!とついに、元請けとしての住宅産業に参入。

 

後発の家づくりですから、国内産木材に特化した木の家づくりに専念するしかない。

 

それまでのリフォームも併用すると、どうしても建築に対して、売れば勝ち!的な愚かな邪念が入ってしまう。。。

 

そんな怖さを感じて、それまでのリフォームや内装仕事は一旦お蔵入りと決意!

 

 

 

 

 

それまでの内装や外部を含めたリフォームは基本、法律を優先せず、クレームさえなければOKな仕事でしたから、そんな感覚と建築の両立では、真っ当な建築屋にはなれないとの判断からのリフォームのお蔵入りでした。

 

建築基準法や法令、条例などの各種許可申請の中で最善な建物を設計し、施工する。

 

そうした想いで国産材による新築住宅に特化して10年。

 

私なりに完全な建築屋の誕生となりました!

 

その10年の建築屋として技術を兼ね備えて、ようやく、今度は建築屋としての立場で、お客様の身になってリフォームのあり方、暮らし方を提案するKJWORKSになれました!

 

 

 

 

 

建築屋としてのリフォームを開始して今年で20年経ちました。

 

頼んでよかった!

 

暮らしてみてよくわかったKJWORKSのリフォーム!

 

そんな言葉と態度で喜ばれるのが、今の私たちの提案型リフォームです。

 

押しつけデザインや提案ではなく、こんなこと、あんなことがしたい!

 

それってこんな感じでしょ?

 

こうしたらどうですか?

 

それはこういう形にすると回遊しやすいですよ!

 

そんなプラン提案の連続。。。

 

そうすると、工事に入っても大幅な変更は絶対にありませんし。。。

 

むしろ、途中の変更はほぼありません。

 

打ち合わせの間に完結するのです。

 

 

 

 

 

新築は私たち建築屋がすべてに対してプロです。

 

ところがリフォームになると、住んでいる家族が住むプロで、その住むプロに対峙するのが私たち暮らし方提案としてのプロが挑む!

 

そこが面白いし楽しい!

 

リフォームの醍醐味なんです!

 

 

 

とりとめのない私の生い立ちからのリフォームシゴト。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!