コロナ感染時期に、終日、缶詰状態の建築士講習会。。。

2020.7.30|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG_9400
不思議な光景の講習会。

 

 

 

 

4月予定の建築士免許更新講習会はコロナ感染で今日まで延期に。。。

 

例年なら、中之島の大ホールで1000人規模?

 

それが、本来であれば75人は確実に入れる会議室で講習参加者は16人。

 

 

 

 

会議用3人掛けテーブルに一人。

 

3人掛けテーブルが16台。

 

そして、講師はビデオ。

 

 

 

 

 

朝9時15分の始まり。。。

 

最終の考査試験が終わったのは午後5時過ぎ。

 

参加者全員が一言も言葉を発せず、会話もなく。

 

進行役の方は、マスク越しにマイクで喋るが、「モヤモヤ・・・ムニャムニャ。。。」

 

何言っているのかさっぱり聞き取れないけど、誰も何も言うこともなく。。。

 

 

 

 

 

レジュメに沿って進むわけで、聞こえなくても困らず・・・

 

ただひたすら、講習テキストにマーカーを入れる6時間半。

 

安物のスチール椅子で腰は痛いし・・・

 

テキストを把握しないと、考査に落ちそうだし。。。

 

黙々と会話も、咳も、せず。。。

 

 

 

 

 

 

終日、不思議な、講習会でした。

 

こんな日も、コロナの社会では常識的にありそうです。

 

人間らしい会話のある講習会が待ち遠しいですね!