在宅シゴトと、いにしえの時代を巡る散歩!

2020.6.3|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(E-BOX) ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
01-167
馬見丘陵南端にある奈良県内最大の前方後円墳の巣山古墳、
02-148
でっかい墳丘で、周豪もまたでかい!
03-83
竪穴式住居と高床式倉庫、6世紀ごろの建物らしい!

04-46
いつも散歩で通る、二上山と葛城山系。。。

 

 

 

 

在宅シゴトの今朝は6時から、馬見丘陵公園南端までちょっと散歩。

 

朝から6300歩。。。

 

普通ならしんどいのですが、「いにしえ」の丘陵を歩くのは疲れません!

 

 

 

 

大和朝廷の前から存在したであろう、葛城の時代!

 

大和朝廷の天皇家の墳丘よりも大きな前方後円墳がこの地域には2つあります。

 

更に、何十という墳丘の数々。。。

 

天皇家の墳丘並みの御陵は軒並みにあります!

 

 

 

 

 

 

大和朝廷が時の権力を握ると、それまでの歴史は改ざんされ、歴史から消えて行って・・・

 

この墳丘の歴史はよくわからないようです。

 

葛城の山が近くにあり、二上山があり。。。

 

葛城王朝(都市伝説としてしかわかりませんが)の全盛期だったのでしょう!

 

 

 

 

 

その時代の住居(竪穴式)や床を高くして、湿気や害虫から穀物の保存用に使ったら式、高床式倉庫の復元建物。。。

 

6世紀のものらしく。。。

 

 

 

 

 

 

そして、行きも帰りも、「いにしえ」の二上山との葛城の山々を拝顔。

 

歴史から消えた時代。

 

出土品から4世紀ごろの墳丘と記載された説明書きに目をやり。。。

 

また歩き。。。

 

 

 

 

 

そして、帰ると6300歩も歩いていて・・・

 

朝食して、黙々と住宅プランを描き・・・・・

 

積算し・・・・・

 

 

 

 

 

夕方、また、近くの墳丘界隈を7500歩歩いて帰宅。。。

 

いにしえの歴史を感じられる、在宅シゴトの合間の散歩!

 

この環境にいたって満足です!

 

シゴト中って、こういう、普段とは別次元の想いを馳せることが幸せなんですね!

 

 

 

 

 

 

馬見丘陵の一角にあるわが家。

 

よくぞ、こんな環境に住めたものと今更ながら感謝です!