木の家づくりは自慢の大工で決まります!

2019.12.2|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(E-BOX) ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉
01-129
大工の伊波君と渡辺君です!
02-119
今回の大工ボスの木谷さん。
03-71
動きの素早い大工、長谷川君。

 

 

 

KJWORKSの木の家づくりでは大工さんは要です。

 

約15名の大工さんがどこかの現場で働いてくれています。

 

 

 

 

今回、4名の大工さんが宮古島の建て方に気持ちよく参加してくれました!

 

「シゴト」というより「人助け!」の思いで駆けつけてくれました。

 

宮古島が訪日バブルで建築費が高騰し。。。

 

現地では家を建てられる目途もたたず・・・

 

21年前に家づくりをお願いされて以来のお付き合いの中で、今回のお手伝いとなりました。

 

 

 

 

今回の大工さんはKJWORKSの若手+α。

 

若手といっても既に20年以上の付き合いで40歳前後の3人。

 

+木谷大工棟梁は70歳!

 

とてもそんな年齢は感じさせません!

 

 

 

現地では、木谷大工棟梁が旗振り役であとの3人が動きます!

 

普段からのシゴト付き合いの他・・・

 

不定期の懇親会を通じながら、あうんの呼吸でシゴトが進みます!

 

いつも感じるのですが・・・

 

 

 

 

この4人を含めた15名の大工さんとの絆。

 

この呼吸と仲間意識の木の家づくりに感謝感激です!

 

私もまだまだ負けられません!