無垢材の床板には「力」を感じます!

2020.12.7|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉
IMG_2507-3
左から、バーチ(樺)、チェリー(桜)、そして、ホワイトオーク(楢)。

 

 

 

 

最近は、小国杉の40mm厚の床板が多く好まれ・・・

 

すっかり、採用の機会を失ってしまった、バーチ(樺)、チェリー(桜)、そして、ホワイトオーク(楢)。

 

どの材を貼っても似合うのですが。。。

 

 

 

 

 

 

私的には、カバはマンションの床に似合いそう・・・

 

楢材は、ちょっと落ち着いたお家。。。

 

 

そして、お洒落なお家には、チェリーの床板。

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、ほとんど使われなくなってしまったので、チェリーの無垢板。。。

 

ナラの然り。。。

 

おそらく、語り掛けが少ないからでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味合いでは、久しぶりにナラの床板を張らせてもらえました。

 

昨日、提案したお客様も「ナラ」。

 

 

 

 

そういえば、去年の秋から連続してバーチ(樺)の床板もでたような!

 

こういうことで、続くんですよね!