薪ストーブのある暮らしは、この時期でも好評ですよ!

2021.5.9|カテゴリー「伝えたいコト ,薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
unnamed-9
この薪ストーブは、スウェーデンのコンツーラ C51 ヤンソン です。
unnamed-1-1
この薪ストーブは、デンマークのHETA(ヒタ)社のLOGI(ロギ)soapstone+ovenです。

 

 

 

薪ストーブのある家は、年中創っています!

 

先週は、木金土の3日間で2件の設置。

 

ですから、薪ストーブのある家はシーズンモノではなく、オールシーズンです!

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の1件は、小さいけど暖房能力、燃焼効率、無煙化率も抜群のスウェーデンのNIBE社製コンツーラ C51 ヤンソン。

 

本体は小型ですがガラス面がでっかい優れモノ!

 

難点は、一般に販売する薪燃料が長さ400mm程度なので、炉内の間口や奥行きが小さく、そのサイズは入りません!

 

ですから、このストーブを使う人は、自分で薪調達できる人には何の問題もないのですが・・・

 

市販の薪燃料で賄う人には、購入ルートを探すのが面倒かもしれませんね。

 

けど、私の知る限りでは、皆さん、自分で工夫しますから何の問題もありません!

 

このストーブは結構、よ売れています!

 

 

 

 

 

 

 

もう1件の大型薪ストーブはデンマークのHETA社のLOGI(ロギ)soapstone+oven(ソープストーン+オーブン)

 

このストーブは、私、初めて取り扱ったのですが、中々の凄いやつです。

 

本体は鉄板製ですが、ボンデ鋼板にソープストーンを張り付けていますから。。。

 

熱の持続性は最高です!

 

熱の持続性は、上から・・・

 

石 ⇨ 鋳物 ⇨ ボンデ鋼板 の順。

 

 

 

 

 

 

石の場合はずば抜けていて・・・

 

高熱の持続性が高く、薪燃料の燃焼時間が長持ちしますから、朝まで暖かいし。。。

 

灰も燃え尽きてあまり多く溜まらない。。。

 

それと、ドア付オーブンが上部についていますから、そこでちょっとした料理もできる優れモノ!

 

 

 

 

 

 

とまあ、薪ストーブのある家のコトを語りだすと・・・

 

家づくりの相談に来られる人からこんなことを言われます!

 

KJWORKSでは、薪ストーブのついた家しかしないのですか?って・・・

 

 

 

 

 

 

私が薪ストーブ好きなものですから、薪ストーブの話になると、ついつい気持ちにも熱が入ってしまい。。。

 

そんな誤解も生まれるようです!

 

けど、薪ストーブのある暮らしは住むと、その良さが本当によくわかる!

 

すんだ人にしか理解できないことなのですが、薪ストーブの暮らしをしている人はみんな、ストーブ話についつい熱が入ってしまうんです!

 

皆さんもぜひご依頼くださいませ!