10月15日の小国杉第1号の大型パネル工法(E-BOX)の建て方待機中の建物基礎です!

2020.9.29|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(E-BOX) ,薪ストーブのある家」|投稿者 福井綱吉
IMG-0482
予定より早くできたのに、大型パネルがまだ先で待機中の予定地の基礎。。。

 

 

 

高槻市原の大型パネル工法の家(E-BOX)の建て方は、10月15日(木)に決定。

 

小国杉第1号の物件ですので、お時間のある方はぜひ、豪快で爽快な一日で屋根下地まで仕上げる建て方をご覧くださいませ。

 

過去の5年間、金物工法のため、無垢材の小国杉をあえて避けて、慎重に構造用集成材で検証してきました。

 

 

 

 

 

その後、全国の仲間が無垢の杉材で大型パネル工法の家に取り組み始め・・・

 

若干の痩せや曲がりも組立にはほとんど問題なく進められて・・・

 

そんな様子を横目に。。。

 

いつかは小国杉で!

 

 

 

 

小国の山で・・・

 

無垢の材の加工場で・・・

 

建て方の現場でと・・・

 

現場組みの建物で、小国には内緒で検品検証を続けた結果。。。

 

全国どこの木材産地の乾燥木材よりも制度の良い製材品と確証が取れました。。。

 

 

 

 

その結果を、小国ウッディ協同組合に報告。

 

もちろん、直接は会えず、メール、電話での連絡を経て・・・

 

10月15日(木)ようやく、小国杉の大型パネル工法の家「E-BOX」の建て方となりました。

 

 

 

 

完成は12月下旬ですから・・・

 

年明けの1月9日、10日、11日の三日間、予約制で、時間限定見学会を開催いたします。

 

DMぐっど楽っくや応募いただいた方のみに日程のご連絡をしていきます。

 

ぜひ、ご興味をお持ちいただき、私たちは、これからの十tカウ建築の模範になりたいと思っています!

 

1月9日、10日、11日、の三日間の暖房は、もちろん薪ストーブだけのほんわか暖気の家となります!