こんな時は尾関宗園和尚の言葉で頑張ります!

2014.12.16|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

風邪なのか朝起きたら声が出ません!

 

熱は37度程度の微熱で。。。

朝から診療所で診察を受けて薬をもらって・・・

ウグイス声が商売なのに、出ないので出社しても仕事にならず、終日自宅で布団の中。

晩、食後の薬を飲んでもまだウグイスは復活せず!

身体もだるく気持ちもスカッとせず、そんな時はこの言葉に限ります!

 

『今こそ出発点』

人生とは毎日が訓練である

わたくし自身の訓練の場である

失敗もできる訓練の場である

生きていることを喜ぶ訓練の場である

 

今この幸せを喜ぶこともなく

いつどこで幸せになれるか

この喜びをもとに全力で進めよう

 

わたくし自身の将来は

今この瞬間にある

今ここで頑張らずにいつ頑張る

 

京都大徳寺大仙院 尾関宗園

 

人に言わせれば60年も、人生の先輩からはたった60年。。。

されど60年、いろんなところにガタが来ていますから上手な生き方活かし方が必要になります。

そんな気持ちで自分に喝入れて、さて、明日からもがんばろ!

けど、明日になったらウグイスの声・・・きっとささやきますよね!

 

 

追伸!

今年最後の手打ち蕎麦「彩都 木楽庵」も12月13日(土)で終了。

来年2015年は1月10日(土)が初日です。

みなさんのお越しをお待ちいたしております。

2015年の落語の会「彩都 木楽亭」は、2月28日(土)、桂 吉弥さんと林家菊丸さんの二人会から始まります。

薪ストーブを愉しむ会の今年の締めくくりは、12月14日(日)で終了。

来年2015年は1月18日(日)午後2時からが初日です!

今年最後の薪割り大会は、12月21日(日)。

来年の6月からは、薪割り大会は彩都「くらしの杜」で開催することに決定」!

そして、いつでも会費制で薪割りも可能になります。。。

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページも宜しくお願いします。

https://kjworks.co.jp/

木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library/

 

 

 

 

尾関 宗園(おぜき そうえん、1932年 – )は、日本臨済宗僧侶大徳寺大仙院閑栖