帰ると、ホッとする場所のある木の家!

IMG-5411
雨降りの午後7時。。。
決して良い空ではないのですが・・・
私のアトリエから見る、わが家の母屋は、気持ちがホッとします!

 

 

 

 

自分の家の自慢ばかりといわれそうですが・・・

 

私はこのわが家を実に気に入っています。

 

以前KJWORKSに勤めていた設計担当の正井君と私でコラボした木の家なのですが、彼は設計の天才でしたから、私の想いを図面化してくれるのは良いのですが・・・

 

私の考えをどんどん自分勝手に超えていくものですから・・・

 

それを私が自分なりに修正しながらの、侃々諤々の喧嘩腰のやり取りの末にできた家です!

 

ですから、尚更、彼の想い入れもたっぷり詰まったこの家に愛着があります。

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼も、既に大地に帰ってしまい・・・

 

今後、一緒に家づくりすることはできないのですが・・・

 

ありがたいことに、その設計ノウハウの一部は私が受け継いでいますから幸いと感じています。

 

 

 

 

 

出来上がって既に20年近く経つのですが。。。

 

ご覧の写真を見ていただいて・・・

 

なんかホッとしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

以前にも、ブログで書きましたが、景色は見るものですが、無い場合は創るモノなんですね。

 

私の家の周りには建物から覗けるような景色は無く、当初の計画段階から、景色をどうするか?

 

色々考えた結果が、景色は創ること!

 

それが、この景色に繋がっています!

 

 

 

 

 

 

 

大概の家では、自分の家を景色にされません。

 

庭を作ったり、塀を創ることで家からの景色は結構ありますが。。。

 

私の家のようにアアトリエを母屋からバルコニーデッキ越しに創らなくても。。。

 

L形の建物にして、1階若しくは2階のでっぱりから母屋を通して空を眺めるなど、いろいろな手法はありますね!

 

そんなホッとする場所を家づくりには活かしたいものです!