やっぱり土や木は心地よさ、涼しさが違いますね!

IMG-6338
暑い晩でも木のバルコニーは心地いいですね!

 

 

 

 

夕ご飯後の散歩で感じたコト。。。

 

玄関の門扉を開けると、道路のアスファルトはどんよりとした嫌な暑さを感じます。

 

暫く歩き出して、大きなコンクリートガレージのある建物前を通ると。。。

 

「ム~~~ッ」とした熱い空気が湧いてくる感じ!

 

道路のアスファルトと、晩の8時前となるとコンクリート建物から昼間蓄えた蓄熱の発散の時!

 

なんとも言えない不快な暑さ!

 

 

 

 

 

最近の家は表面を金属サンディングや樹脂サイディングで覆い、その周囲をコンクリートやブロックで囲っている家が多く、この夏場の時期、住宅地内の道路は非常に不快な温熱環境です!

 

しばらく歩いて、道路に面してくると、道路側には植樹帯が現れて・・・

 

コンクリートの囲いのある側はムッとして、植樹帯側はむしろ涼しい感触。。。

 

そこから、大きな池の周りを歩き出すと、池からのさわやかな風と植樹帯の土と木々の効用なのか汗がひいていく感じに。。。

 

 

 

 

 

そっして、公園内に入ると園内の道は土で、左右は樹木と土のマウントで、最高に気持ちがいい!

 

約60分間の散歩するだけで、同じ暑さなのに、温熱環境の違いを堪能!

 

 

 

 

 

シャワーを浴びて、ゆっくりして、アトリエの前のバルコニーに立つと、実にさわやかな風と空気感!

 

わが家の建物は基本が木!

 

壁は漆喰塗りと板張り、バルコニーはイペ材の木。。。

 

ですから、コンクリートのような昼間の蓄熱はしません。。。

 

ですから、晩になっても放射熱はなく、実に心地いい!

 

 

 

 

 

こんな散歩と、土の庭と樹木、そこに木の家、漆喰と木の壁、木のバルコニー床。

 

そこに立つと、散歩でもわかる土と木の良さ。。

 

住んでいる土のある庭と樹木と木の家の心地よさ。。。

 

この良さをもっと上手に伝えることが、木の家を創る私の使命!

 

そんな想いを感じた晩の散歩でした!