最近リフォームのご依頼がかなり多いです。

2015.8.10|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

ありがたい事に、最近リフォームのご依頼がかなり多いです。
お盆明けから茨木市でマンションリフォームが始まりますのでそのご挨拶回りをお施主様と一緒に本日行ってきました。

今回リフォームするマンションは低層マンションで敷地が広く、棟が分散して建っているため敷地内に木々がたくさん植えられています。
マンション自体も建築されて数十年が経過しているため大きく育った木々がとっても豊かな自然をマンションの住まい手たちに提供しています。

こういったマンションであれば周囲の環境も良く、戸建ての様な雰囲気で済んでいく事が出来ると思います。
今はやりのタワーマンションは私自身はあまり住みたいとは思いません。

眺めは確かに良いのでしょうが、地面からかなり離れた生活や災害の事、上層階と下層階の対立、過剰な共用スペースの維持管理の問題など、見えない部分に不安があるからです。
同じ共用住宅であってもこのように、階段で上がれる高さで敷地が広い所であれば少々古くても中身をしっかりリフォームすれば満足度の高い生活を送る事が出来ると思います。
漆喰や無垢の木は戸建てだけの専売特許ではなく、マンションや鉄骨住宅でも十分木の素材感を活かす住空間にすることが出来るのです。
逆にマンションの場合は、中古の方が管理状態をチェックできるのでメリットがあると思います。
マンションは、管理を買え!とも言われていますので。
いろいろな、住まいの可能性をしっかり考えていく事が、これから家づくりを考えられている方には非常に重要だと思います。

もし、方向性に迷われましたら、お気軽に安本までご相談くださいね~