マンションリフォームのフローリング張替

2012.4.27|カテゴリー「伝えたいコト ,木の家(小国杉の家)」|投稿者 福井綱吉

最近は、マンションリフォームのご相談も数多くお聞きしています。
無機質なコンクリートの空間に、自然な素材の優しさを取り入れたい!左官の呼吸する壁を取り入れたい!デッドスペースをうまく活用した家具を作りたい!
など、御要望は様々です。

現在工事中のYmさんのマンションは、住まい手がマンション建築時からプラン作りに関わって作っていくという、珍しいオーダーマンションです。
そのため、一つ一つ微妙に造りも違うのだとか。
今回は、ダイニングとつながりのあるスペースを造り付け収納と建具で間仕切り一つの部屋にして、その部屋のフローリングを無垢板に張り替えるという工事です。

既存の建具や作り付けの家具は、センという木で造られているため、同じセンで壁や建具を造ることにして、フローリングはYmさんの御希望でサクラを張りました。

フローリングを張る前に、事前に大工さん立会いの元、一部フローリングをはがして、下地の確認をしたのですが、実際に捲ってみると事前に聞いていた仕様と違って、びっくり!
工事中に施工方法を変えたようです。

大工さんと相談して、Ymさん立会いの元、施工可能な方法をご提案して、工事に入らせていただいたのでした。
リフォームは、なかなか図面どおりに行かないことも多いのですが、これまでの経験と職人さんとの連携で、お客さんに喜んでいただけるのがリフォームの醍醐味ですね!

床を貼りながら、造作材の加工を限られたスペースの中で工事していきます。
壁はコンクリート打ちっぱなしのお洒落なマンションです。