毎日を忙しくさせるコトが即行即止に繋がる!

2013.11.11|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

与えられた仕事をしていては気づきや発見にはつながりません。

今日も終日、「コラボ食堂」で手打ち蕎麦『彩都 木楽庵』・・・そして、午後2時からは蕎麦道場。

彩都 木楽庵は月に2回、蕎麦道場は月に1回。

自身の成長と学びの視察セミナーや講演会に年間40日以上出かけ。

薪割り大会は年に9回。

薪ストーブを愉しむ会も9回。

杜の感謝祭や小国ツアー、子育てフェアー、ロハスフェスタなどのイベント行事が6回ほど。

北海道の家具祭りにも・・・

林産地や企業へも泊まりで20日は出かけ・・・

なんだかんだで、年間130日ほどは終日、動きのとれない日々となっていて・・・

年間、3日に1日は身動きの取れない、終日、自分自身に拘束される私がいます!

ついつい親しい友人に愚痴で・・・

「仕事もせんと何してんのやろ?体力もばてばてやのに?」

すると必ず返ってくる言葉は「愉しそうやからええやないか!」

「どうせ、やめる気も無いくせして!」

そして、心の一致する友からは・・・

「忙しくしていないと良いコト、良いヒントは浮かばないからね!」

私には、全国に同類の友が数人いて・・・・・

この人たちの誰かと毎月必ず会って、新たなヒントをいただける環境があります。

こんな有り難い人間環境は一般的には多くはありません・・・

そんな与えられた環境を謙虚に大切にして・・・

愉しめる仕事と人生・・・

これさえあれば、会社と自身の目的『喜んでいただけるコト』は確実に自分のコトに繋がっていくと思える自分が最近、常にいるように感じます。

そういえば今日の蕎麦道場終了後の食事会で、参加者の熟年女性がこんな話をされました。

「この木想館(今はかぐらと呼んでいますが)にオープン当初から見に来ていて、気持ちの良い木造の建物で、入ってみたいし、長居したいけど、当時は展示館だけで、家建てる予定もないのにいつもくる理由もないし・・・

また、クツ脱いで上がる建物やったから、結構敷居も高いし・・・

なんかカフェとか観て愉しめるような商品でも販売して、いつでも来られるところやったらええのに・・・?

そう思うてたら、その想うてたまんまのお店になって・・・もう、嬉しくって!お蔭さんでこないして蕎麦打ちも習えてる・・・ほんま、嬉しいんですよ!」

いやあ!想う通りのストーリーなんです!

この辺のコトを如何に社内のスタッフに伝承できるか?

これがまた・・・・・私のかなりのハードルでもあります!

追伸!

今日は福井の、香りの高い、早刈り蕎麦粉で手打ちそば「彩都 木楽庵」をオープンしました!

次回は、11月23日(土)です!

週一ぐらいの間隔で「彩都 木楽庵」を・・・そんな希望もあるようですが、建築屋も真面目にしないと・・・ね!

ところで、最近、蕎麦教室に来られる女性が増えました!

おばちゃまたちですけど・・・・・・!!!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/