「日本が戦ってくれて感謝しています」学校が教えない日本の本当の話!

2013.11.20|カテゴリー「伝えたいコト」|投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

戦争の勝者だからと言って歴史を歪曲しつくすって米英的ですね。

そんな歪曲な話を本気で米英に加担する日本人が多いってビックリです。

私は、自分で商売を始めてからもう35年になります。

日本人としての真の心の商いを生涯の志事を心得ています。

ですから、戦争中の日本の歴史を消し去り、日本人のアイデンティティを消し続けている今の教育とマスコミのデマ(圧力と無知と悪い意味のええこぶりっこが一体となった)にはうんざりします。

その昔、日本の軍隊は悪いことをしたとか、戦前のに日本は間違っていたとか?

迷惑をかけたアジアの人たちに謝れ!?

そんなでたらめな教育を受けて育った私ですが、幼いころからなんで?どこが悪かったの?

そんな疑問が払拭されないまま、大人になって・・・

黄色人種のアジアの中で、唯一、明治以降、独立国家としてメキメキと軍事力をつけてきて、世界的な脅威となってきた日本国。(欧米にとってはですけど)

中立国のタイを除いてアジアのすべての国々が奴隷以下の植民地に成り下がり・・・

要らぬことを考えないようにと、文字も教えず、知恵をつけた団体行動を起こさせないためにも学校をはじめとする教育もさせないし、見張り、言うことを聞かないと殺戮する・・・

悲惨なアジアの中で驚異的な軍事力を誇り煙たがられ、遂には米英を中心とする欧米諸国から資源の供給を絶たれ、アジアに打って出るしかないように仕組まれた大東亜戦争・・・

そんな過去の歴史が徐々に暴露され始めています。

本当の日本人を見つけられる環境が、不幸な地震や津波という災害から日本人のDNAを揺り動かし・・・そして、芽生えだした・・・

そんな過去の歴史が取材を通じた真実として井上和彦さんの本となって出版されたのが・・・

「日本が 戦ってくれて 感謝しています」です。

最近は、こうした真実を訴える数多くの本が出版される環境にもなってきました。

もっともっと、多くの日本人が目を覚まして、堂々たる日本人を育む環境が湧き続ける嬉しさを感じます!

追伸!

手打ちそば「彩都 木楽庵」次回は、11月23日(土)です!

週一ぐらいの間隔で「彩都 木楽庵」を・・・そんな希望もあるようですが、建築屋も真面目にしないと・・・ね!

ところで、最近、蕎麦教室に来られる女性が増えました!

おばちゃまたちですけど・・・・・・!!!

毎日が笑顔の楽しさ満載のKJ WORKSのホームページです!
http://www.kjworks.co.jp

『木の家づくり図書館』ブログです。
http://kjworks.jp/library

薪ストーブ専門店「かぐら」(薪ストーブ&ペレットストーブ事業部)
https://kjworks.co.jp/maki/

薪ストーブ日記『炎のある暮らし』は、私、福井を中心に頑張って投稿します。
http://maki-stove.osaka.jp/